【2022年】ハイブリッド車おすすめ人気ランキング14選一覧

この記事では、ドライバーから人気のおすすめハイブリッド車をランキング形式で紹介します。

日本の乗用車メーカーが開発・販売しているハイブリッド車が人気です。1997年にトヨタの初代プリウスが登場してから25年が経過し、現在ではファミリーカー、スポーツカーにSUVもハイブリッドなパワーユニットを搭載するようになりました。

好きなモデル・スタイルを選べる時代になったからこそ、かしこいハイブリッド車の選び方を学びましょう。

ハイブリッド車とは

ハイブリッド車

ハイブリッド車とは、2種類以上のパワーユニットを持つ自動車の通称です。ガソリンを燃焼して動くガソリンエンジンと、バッテリーの電力で動く電気モーターの2種類を搭載している車両が主となります。

ハイブリッド車で使われるガソリンエンジンそのもののパワーは控えめ。しかし電気モーターが走行をアシストすることから、低排気量車とは思えない走りを実現しました。環境に優しいというイメージもつき、現在は多くのドライバーが自分の愛車として扱っています。

ポイント

  • ハイブリッド車の仕組み
  • ハイブリッド車が低燃費の理由
  • ハイブリッド車のバッテリー寿命

ハイブリッド車の仕組み

ハイブリッド車とは、2種類以上のパワーユニットを持つ自動車の通称です。ガソリンを燃焼して動くガソリンエンジンと、バッテリーの電力で動く電気モーターの2種類を搭載している車両が主となります。

ガソリンエンジンと電気モーターのメリットをかけ合わせることで、エネルギー損失を大幅に抑えたパワーユニットとすることが可能です。

ハイブリッド車が低燃費の理由

フラットトルクでスタートダッシュのスピードの乗りがいい電気モーターが苦手な高速巡航時はガソリンエンジン側の駆動力を使い、高速域からのブレーキング時に生まれたエネルギーを電力としてバッテリーにチャージする回生ブレーキを用いるなどして、異なるパワーユニットの特徴を最大限に引き出すことから、圧倒的な低燃費が実現しています。

ハイブリッド車のバッテリー寿命

初期のハイブリッド車のメインバッテリーの寿命は短かったものの、近年のモデルはバッテリー性能が大幅にアップ。寿命は10年以上で、走行距離は15万キロ以上持つといわれています。例えばトヨタの場合、新車から5年間または10万km走行までにバッテリーに不具合が発生した場合、特別保証としてメインバッテリーの無償交換に対応しています。

ハイブリッド車のメリット・デメリット

ハイブリッド車

ハイブリッド車には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。ハイブリッド車の特徴をよく知った上で、愛車とするべきモデルを選びましょう。

ポイント

  • ハイブリッド車のメリット
  • ハイブリッド車のデメリット

ハイブリッド車のメリット

ハイブリッド車の主なメリットとして、以下の4点が挙げられます。

  • 高い燃費性能でエコ
  • エコカー減税、グリーン化特例の対象車種が多い
  • 走行中のノイズが少ない
  • モーター駆動中は排気ガスが出ない

車重が1640kg~のファミリー向けミニバン・ヴォクシーハイブリッドを例にあげると、WLTCモード燃費が23km/L。ガソリンエンジン車の15.0km/Lと比較すると、圧倒的な燃費の良さを持ちます。エコな性能が認められ新車購入時には重量税の減税がありますし、エンジンの回転数が上がりすぎないために静かに走れます。そして排気ガスも少なく、環境に優しい車となっています。

ハイブリッド車のデメリット

ハイブリッド車の主なデメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 車両価格が高い
  • エアコン使用時の燃費が悪化する
  • 10万km以上乗ることを考えるとコスト高い

ガソリンエンジン車と比較するとコストがかかる作りゆえ、車両価格が高くなってしまいます。またガソリンエンジンが小さく発熱しにくいため、エアコンのヒーターは電力で温度を上げているため結果的に燃費が悪くなります。そして忘れてはならないのが、メインバッテリー交換時のメンテナンス費用。保証の枠を外れるくらい長期間・長距離乗る場合、思わぬ出費に悩まされるケースがあります。

ハイブリッド車の選び方・比較ポイント

ハイブリッド車

数多くのハイブリッド車が揃っている現在。機能やメーカーのサービスを隅々まで比較して、自分のライフスタイルにマッチしたハイブリッド車と出会えるように選び方を学びましょう。

ポイント

  • ハイブリッド車には大きく分けて3つの種類がある
  • 燃費の良さと車格のバランスからベストな1台を選ぶ
  • バッテリーのメーカー保証期間をチェックする
  • 車中泊をするならコンセントがつけられる車種を
  • コスパ重視なら軽自動車のハイブリッドもチェック

ハイブリッド車には大きく分けて3つの種類がある

もっともメジャーなのがスプリットハイブリッド。走行状態により、適宜ガソリンエンジンとモーターの駆動力を使い分けていく方式です。対してモーターのみ走行輪を駆動させガソリンエンジンは発電のみ担当させるシリーズハイブリッド、ガソリンエンジンの駆動力をメインとしてモーターにサポートさせるパラレルハイブリッドがあります。

スプリットハイブリッド、パラレルハイブリッドは高速巡航時の燃費にも優れているのが特徴で、シリーズハイブリッドはメインバッテリー容量を少なくできる(軽量化に貢献する)のが特徴です。

燃費の良さと車格のバランスからベストな1台を選ぶ

車格が大きい=車重が重い車は、ハイブリッド車といえど燃費が落ちます。車重が2トンを超えるアルファードは、ハイブリッドであってもWLTCモード燃費が14.8km/L。この重さでこの燃費を実現しているのは素晴らしいことですが、乗り換える前の車次第では、今までより多くの燃料代がかかることになります。

燃費重視で次の愛車を選ぶ場合は、真っ先に気になるハイブリッド車の燃費を調べ、その上で同時乗車人数や活用シーンに応じてベストな車格のモデルを選びましょう。

バッテリーのメーカー保証期間をチェックする

数年おきに車を買い替えて、新車を乗り継いでいくという方でなければ、メインバッテリーの保証に関して調べておくべきです。消耗品ゆえに、走れば走るほど劣化が進んでしまう部品の1つだからです。また万が一のトラブル発生時に、修理交換費用がかさんでしまう部分だからです。

例えばBMWは基本保証期間が2年、加えて1~2年の延長保証プランが選べます。対して日本のメーカーは5年または10万kmまでの保証を設定しているところがほとんどです。

車中泊をするならコンセントがつけられる車種を

アウトドアを楽しむとき、車中泊をするとき、そして停電などの災害時に役立つのがAC100Vのコンセントです。オプションとして選ぶと意外にも高価なパーツ・機能ゆえ、ハイブリッド車をマルチに活用したい方であれば、あらかじめAC100Vのコンセントが備わっているモデルを選びましょう。

なお標準状態で備わっているAC100Vコンセントは、1500Wまでの電力に対応したものがほとんど。ホットプレートなどの消費電力が高い家電、電子レンジといった瞬間的な消費電力が表示値よりも高い家電は使えないことがあります。

コスパ重視なら軽自動車のハイブリッドもチェック

コンパクトな軽自動車の市場にもハイブリッド化したモデルが増えてきました。主にマイルドハイブリッドと呼ばれる方式を採用しており、基本的にはガソリンエンジンの駆動力を用いて、発進時や急加速時にモーターがアシストします。

車両価格も抑えめです。スズキのワゴンRの場合はガソリンエンジン車より約30万円アップとなりますが、これにはカーナビモニター連動の全方位モニター用カメラパッケージが含まれているなど、車両そのものの装備にも違いがでてくるので、表示価格よりもリーズナブルです。

ハイブリッド車おすすめ人気ランキング14選

以下では、ドライバーに人気のおすすめコンパクトSUV(国産・外車)をランキング形式で紹介します。

おすすめ1位:トヨタ ハリアー ハイブリッド

トヨタ ハリアー ハイブリッド

TNGAプラットフォームに採用により、ワイド&ローを実現。力強さをもたせながらスタイリッシュなボディラインを持つ美しいSUV、それがハリアーです。インテリアも隅々まで上質さを感じるクオリティを持ち、質感を重視する大人が納得できる快適空間になっています。もちろん走破性の高さも魅力です。

メーカー トヨタ
車種 ハリアー ハイブリッド
モデル・グレード S
年式 2020年6月
全長×全幅×全高 4740×1855×1660mm
ホイールベース 2690mm
車両重量 1620kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
エンジン型式 A25A-FXS
総排気量 2487cc
内径×行程 87.5mm×103.4mm
圧縮比
最高出力 178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク 22.5kg・m(221N・m)/3600〜5200rpm
燃料供給装置 筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 55L
WLTCモード燃費 22.3km/L
新車価格 3,580,000円
中古車価格帯 308~408万円
カタログページ トヨタ ハリアー ハイブリッド

おすすめ2位:トヨタ カローラ クロス ハイブリッド

トヨタ カローラ クロス ハイブリッド

カローラ=古くからあるトヨタの大衆車というイメージにとらわれていると、実車のボリュームに驚きます。なんといっても全幅1825mmというワイドボディに圧倒されます。とはいえ、ハードウェアとしてはまさに実直。ハイブリッドにはE-Fourという、走っている道の状態によって自動的にFF・4WDが切り替わる仕様も選べます。

メーカー トヨタ
車種 カローラ クロス ハイブリッド
モデル・グレード S
年式 2021年9月
全長×全幅×全高 4490×1825×1620mm
ホイールベース 2640mm
車両重量 1380kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 2ZR-FXE
総排気量 1797cc
内径×行程 80.5mm×88.3mm
圧縮比
最高出力 98ps(72kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142N・m)/3600rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 36L
WLTCモード燃費 26.2km/L
新車価格 2,750,000円
中古車価格帯 179.8~435万円
カタログページ トヨタ カローラ クロス ハイブリッド

おすすめ3位:トヨタ アルファード ハイブリッド

トヨタ アルファード ハイブリッド

日本が誇る高級ミニバンとして、世界中の富裕層にも人気のアルファード。ゆったりとした車内空間と乗り心地で、長距離移動も快適です。ハイブリッド設定された仕様も多く、もちろんゴージャスでエグゼクティブ向けの7人乗り・マルチに使える8人乗りも選べます。リセールバリューが高いというのも注目点。

メーカー トヨタ
車種 アルファード ハイブリッド
モデル・グレード 2.5X
年式 2021年5月
全長×全幅×全高 4945×1850×1935mm
ホイールベース 3000mm
車両重量 1920kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式 2AR-FE
総排気量 2493cc
内径×行程 90.0mm×98.0mm
圧縮比
最高出力 182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク 24.0kg・m(235N・m)/4100rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 75L
WLTCモード燃費 10.6km/L
新車価格 3,597,000円
中古車価格帯 38.8~1290万円
カタログページ トヨタ アルファード ハイブリッド

おすすめ4位:レクサス NX ハイブリッド

レクサス NX ハイブリッド

都会を走るラグジュアリーSUVとして極めて高い人気を誇るNX。インテリア、エクステリア共に新世代のレクサスを感じさせてくれるもの。もちろん乗り心地も抜群です。EVモードも備えたハイブリッド車で、モーターだけでも88kmの走行が可能です。静粛性を重視したいシチュエーションでも頼れます。

メーカー レクサス
車種 NX ハイブリッド
モデル・グレード NX350h
年式 2021年11月
全長×全幅×全高 4660×1865×1660mm
ホイールベース 2690mm
車両重量 1790kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式 A25A-FXS
総排気量 2487cc
内径×行程 87.5mm×103.4mm
圧縮比
最高出力 190ps(140kW)/6000rpm
最大トルク 24.8kg・m(243N・m)/4300~4500rpm
燃料供給装置 筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 55L
WLTCモード燃費 21.6km/L
新車価格 5,470,000円
中古車価格帯 199.8~670万円
カタログページ レクサス NX ハイブリッド

おすすめ5位:三菱 アウトランダー PHEV

三菱 アウトランダー PHEV

三菱らしいビビッドなデザインに目を奪われますが、アウトランダーの本質はダートや雪道での走行性能にあります。前後にそれぞれ独立したモーターを備え、ランサーエボリューション譲りの駆動力配分を実現。EVとしても87kmの走行が可能です。バッテリーの特別保証も8年16万kmで、66%を下回った場合でも無償交換する容量保証も頼もしいかぎりです。

メーカー 三菱
車種 アウトランダー PHEV
モデル・グレード G
年式 2021年12月
全長×全幅×全高 4710×1860×1745mm
ホイールベース 2705mm
車両重量 2050kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:マルチリンク式
エンジン型式 4B12
総排気量 2359cc
内径×行程 88.0mm×97.0mm
圧縮比 11.7
最高出力 133ps(98kW)/5000rpm
最大トルク 19.9kg・m(195N・m)/4300rpm
燃料供給装置 ECI-MULTI(電子制御燃料噴射)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 56L
WLTCモード燃費 16.2km/L
新車価格 4,904,900円
中古車価格帯 99.9~549.7万円
カタログページ 三菱 アウトランダー PHEV

おすすめ6位:トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

ゴツいデザインでインパクト十分。アウトドアシーンにマッチするRAV4 PHV。ミドルサイズではありますが、荷室の容量は580リットルと十分な広さを持ちます。MUD&SAND・ROCK&DIRTの走行モードを持ち、悪路の走破性も高水準。EVモードでの走行距離は95kmともなり、EV給電モードも備わります。

メーカー トヨタ
車種 RAV4 PHV
モデル・グレード G
年式 2021年12月
全長×全幅×全高 4600×1855×1690mm
ホイールベース 2690mm
車両重量 1900kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式 A25A-FXS
総排気量 2487cc
内径×行程 87.5mm×103.4mm
圧縮比
最高出力 177ps(130kW)/6000rpm
最大トルク 22.3kg・m(219N・m)/3600rpm
燃料供給装置 筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 55L
WLTCモード燃費 22.2km/L
新車価格 4,690,000円
中古車価格帯 449.9~569.9万円
カタログページ トヨタ RAV4 PHV

おすすめ7位:トヨタ ヤリス クロス ハイブリッド

トヨタ ヤリス クロス ハイブリッド

228万4000円〜と、ハイブリッドなSUVとしてはリーズナブルなヤリス クロス。全幅1765mm、全長4180mmと、一般道でも運転しやすいコンパクトサイズであることにも注目です。デザインはシンプルながらも力強さを感じさせるもの。荷室の容量は284リットルですが、4WD&ハイブリッドの構造をもっていることを考えると、十分な広さといえるでしょう。

メーカー トヨタ
車種 ヤリス クロス ハイブリッド
モデル・グレード G
年式 2020年8月
全長×全幅×全高 4180×1765×1590mm
ホイールベース 2560mm
車両重量 1170kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 M15A-FXE
総排気量 1490cc
内径×行程 80.5mm×97.6mm
圧縮比
最高出力 91ps(67kW)/5500rpm
最大トルク 12.2kg・m(120N・m)/3800~4800rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 36L
WLTCモード燃費 30.2km/L
新車価格 2,394,000円
中古車価格帯 155~411万円
カタログページ トヨタ ヤリス クロス ハイブリッド

おすすめ8位:ホンダ ヴェゼル e:HEV

ホンダ ヴェゼル e:HEV

クーペを思わせる優雅なスタイリング。車高1590mm、車幅1790mmでコンパクト~ミドルサイズSUVの中間的なサイズとなるヴェゼルは、アウトドアユースにも日常使いにもピッタリ。車内空間には余裕があり、運転席のヘッドクリアランスもリアシートの足元もゆったり。リアシートをたためば、車中泊ができるフラットスペースが生まれます。

メーカー ホンダ
車種 ヴェゼル e:HEV
モデル・グレード X
年式 2021年4月
全長×全幅×全高 4330×1790×1580mm
ホイールベース 2610mm
車両重量 1350kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 LEC
総排気量 1496cc
内径×行程 73.0mm×89.4mm
圧縮比 13.5
最高出力 106ps(78kW)/6000~6400rpm
最大トルク 13.0kg・m(127N・m)/4500~5000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 40L
WLTCモード燃費 25.0km/L
新車価格 2,658,700円
中古車価格帯 82.8~449.9万円
カタログページ ホンダ ヴェゼル e:HEV

おすすめ9位:トヨタ ヴォクシー ハイブリッド

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド

男性的な直線基調のルックスを持つミニバンのヴォクシー。レーダーとカメラで周囲の状況を常にセンシングするトヨタセーフティセンスや、駐車時の運転支援をはじめとしたトヨタチームメイトといった先進装備を備えています。3ナンバーされたボディはパッケージングに優れており、7人乗り、8人乗りのシートも選べます。

メーカー トヨタ
車種 ヴォクシー ハイブリッド
モデル・グレード S-G
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4695×1730×1895mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1640kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 2ZR-FXE
総排気量 1797cc
内径×行程 80.5mm×88.3mm
圧縮比
最高出力 98ps(72kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142N・m)/3600rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 52L
WLTCモード燃費 23.0km/L
新車価格 3,440,000円
中古車価格帯 6.8~504.4万円
カタログページ トヨタ ヴォクシー ハイブリッド

おすすめ10位:ホンダ フィット e:HEV

ホンダ フィット e:HEV

ハイブリッド車でありながら、200万円を切る極めてリーズナブルな仕様も用意されたフィット。先進安全運転支援システムのホンダセンシングを搭載しており、安全面でも問題なし。加速感に優れたコンパクトカーですが、Honda Total Careアプリの燃費ランキングにチャレンジするのも、また一興といえます。

メーカー ホンダ
車種 フィット e:HEV
モデル・グレード HOME
年式 2021年6月
全長×全幅×全高 3995×1695×1540mm
ホイールベース 2530mm
車両重量 1190kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 LEB
総排気量 1496cc
内径×行程 73.0mm×89.4mm
圧縮比 13.5
最高出力 98ps(72kW)/5600~6400rpm
最大トルク 13.0kg・m(127N・m)/4500~5000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 40L
WLTCモード燃費 28.6km/L
新車価格 2,117,500円
中古車価格帯 3.8~289.9万円
カタログページ ホンダ フィット e:HEV

おすすめ11位:トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド

アルファードの兄弟車であるヴェルファイア。2トンを超えるラージサイズミニバンを、2500ccガソリンエンジン+2モーターが力強く加速させます。それでありながら、静粛性の高さがラグジュアリー感を強く演出してくれます。乗り心地の良さもミニバン界トップクラス。アッパーな送迎車としても使われているのも納得です。

メーカー トヨタ
車種 ヴェルファイア ハイブリッド
モデル・グレード 2.5 ゴールデンアイズⅡ
年式 2021年5月
全長×全幅×全高 4935×1850×1935mm
ホイールベース 3000mm
車両重量 1970kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式 2AR-FE
総排気量 2493cc
内径×行程 90.0mm×98.0mm
圧縮比
最高出力 182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク 24.0kg・m(235N・m)/4100rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 75L
WLTCモード燃費 10.6km/L
新車価格 4,240,000円
中古車価格帯 35.8~785万円
カタログページ トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド

おすすめ12位:ホンダ ステップワゴン スパーダ e:HEV

ホンダ ステップワゴン スパーダ e:HEV

近年のミニバンデザインとは異なり、スッキリとした顔つきを持つステップワゴン スパーダ。通常はモーター駆動での走りとなり、必要に応じてガソリンエンジンの駆動力も用います。サードシートは床下収納が可能なため、乗車人数が少ないときは広大なラゲッジスペースを自由に活用できます。セカンドシートにはオットマンも装備されます。

メーカー ホンダ
車種 ステップワゴン スパーダ e:HEV
モデル・グレード G ホンダセンシング
年式 2020年1月
全長×全幅×全高 4760×1695×1840mm
ホイールベース 2890mm
車両重量 1790kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 LFA
総排気量 1993cc
内径×行程 81.0mm×96.7mm
圧縮比 13.0
最高出力 145ps(107kW)/6200rpm
最大トルク 17.8kg・m(175N・m)/4000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 52L
WLTCモード燃費 20.0km/L
新車価格 3,427,600円
中古車価格帯 9.5~379.9万円
カタログページ ホンダ ステップワゴン スパーダ e:HEV

おすすめ13位:トヨタ アクア

トヨタ アクア

ハイブリッド専用車として生まれ育ったアクア。コンパクトで日常の足とするのにピッタリサイズ。バッテリーの出力が大きく、モーターのみでの走行モードも備えます。AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを備えており、ドアと窓を閉めたまま電源コードが出せる外部給電アタッチメントの設定もあります。

メーカー トヨタ
車種 アクア
モデル・グレード Z
年式 2021年7月
全長×全幅×全高 4050×1695×1485mm
ホイールベース 2600mm
車両重量 1120kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式 M15A-FXE
総排気量 1490cc
内径×行程 80.5mm×97.6mm
圧縮比
最高出力 91ps(67kW)/5500rpm
最大トルク 12.2kg・m(120N・m)/3800~4800rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 36L
WLTCモード燃費 33.6km/L
新車価格 2,400,000円
中古車価格帯 9.6~300.7万円
カタログページ トヨタ アクア

おすすめ14位:トヨタ プリウス PHV

トヨタ プリウス PHV

家庭のAC100Vコンセントからバッテリーを直接充電できるPHVを採用したプリウス。アクセサリーコンセントも車内2箇所と、充電インレットからAC100Vがとれるパワーコネクターを標準装備。車をもちこめるキャンプ場などで、家電を用いた調理などができます。EVモードでの走行も可能。走行距離は60kmです。

メーカー トヨタ
車種 プリウス PHV
モデル・グレード S
年式 2021年6月
全長×全幅×全高 4645×1760×1470mm
ホイールベース 2700mm
車両重量 1510kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式 2ZR-FXE
総排気量 1797cc
内径×行程 80.5mm×88.3mm
圧縮比 13.0
最高出力 98ps(72kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142N・m)/3600rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 43L
WLTCモード燃費 30.3km/L
新車価格 3,383,000円
中古車価格帯 51~425万円
カタログページ トヨタ プリウス PHV

ハイブリッド車おすすめ車種の価格比較一覧表

車種 モデル・グレード 新車価格
トヨタ ハリアー ハイブリッド S 3,580,000円
トヨタ カローラ クロス ハイブリッド S 2,750,000円
トヨタ アルファード ハイブリッド 2.5X 3,597,000円
レクサス NX ハイブリッド NX350h 5,470,000円
三菱 アウトランダー PHEV G 4,904,900円
トヨタ RAV4 PHV G 4,690,000円
トヨタ ヤリス クロス ハイブリッド G 2,394,000円
ホンダ ヴェゼル e:HEV X 2,658,700円
トヨタ ヴォクシー ハイブリッド S-G 3,440,000円
ホンダ フィット e:HEV HOME 2,117,500円
トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド 2.5 ゴールデンアイズⅡ 4,240,000円
ホンダ ステップワゴン スパーダ e:HEV G ホンダセンシング 3,427,600円
トヨタ アクア Z 2,400,000円
トヨタ プリウス PHV S 3,383,000円

【Q&A】ハイブリッド車について多い質問

以下では、ハイブリッド車について多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • ハイブリッド車はエコカー減税の対象になる?
  • ハイブリッド車は何年乗れる?目安はある?
  • ハイブリッド車の中古の売却価格は値崩れしにくい?

Q. ハイブリッド車はエコカー減税の対象になる?

はい。減税の対象となります。しかし、条件があります。経済産業省が定めた、2030年度燃費基準を60%以上達成したハイブリッド自動車のみ対象となり、60~70%達成車で25%軽減、75~85%達成車で50%軽減、90%~達成車で全額免除となります。なおプラグインハイブリッド車はすべて全額免除となります。

Q. ハイブリッド車は何年乗れる?目安はある?

定期的なメンテナンスを繰り返せば、ガソリンエンジン車と同じように長く乗り続けることができます。しかしガソリンエンジン車と違うのは、大容量のメインバッテリーという消耗品があること。ハイブリッド車によって異なりますが、新品のメインバッテリーは15万円〜でリサイクル品が10万円~というのが相場。さらに交換工賃がかかります。そのためメインバッテリーの保証期間+αな期間がハイブリッド車に乗れる期間の目安と考えたほうがいいでしょう。

Q. ハイブリッド車の中古の売却価格は値崩れしにくい?

中古市場でも人気のハイブリッド車。リセールバリューはガソリンエンジン車よりも高くなります。新車で買って1〜2年で売るのであれば、かなり高価な買取額・下取り額が期待できます。しかし日進月歩で技術の進化が進んでいる分野ゆえ、型落ちモデルを売るとなるとリセールバリューが下落します。コストパフォーマンス重視の方は売りどきを逃さないようにしましょう。

ハイブリッド車は口コミ・評判も比較しながら購入しよう

ハイブリッド車と一言でいっても、様々なモデルがあります。それだけ日本の自動車市場において、低燃費性能に優れたハイブリッド車の需要が高まっている証といえます。自分のライフスタイルにピッタリのハイブリッド車を選ぶには、ネット上の口コミや、実際に乗っているユーザーの評判も参考にしましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部