フォレスターに何があった? 北米スバルのセールス 半導体不足サプライチェーンの問題で前年の2/3

スバル・フォレスター
北米スバル(スバル・オブ・アメリカ)は、2022年3月の車両販売台数が4万3322台となり、2021年3月(6万5726台)と比較して34.1%減少したと発表した。

スバルの北米販売は、苦境から脱していない。3月の販売台数は前年同月比マイナス34.1%の4万3322台。また、1-3月の累計販売台数も13万2346台となり、2021年第1四半期と比較して17.5%減少している。

スバルの車両供給は、業界の多くが影響を受けている半導体不足とサプライチェーンの問題により、引き続き影響を受けている。

2022年3月北米販売台数
フォレスター  6572台(前年同月比-68.7%)
インプレッサ  2329台(-36%)
WRX/STI  204台(-91.1%)
ASCENT(アセント)  4047台(-20.8%)
レガシィ  2611台(+12.3%)
アウトバック  13808台(-19.0%)
BRZ  291台(+20.8%)
Crosstrek  13460台(-4.3%)
TOTAL  43322台(-34.1%)

スバル・アウトバック

3月の販売台数は、アウトバックが1万3808台、Crosstrek(XV)が1万3460台でトップとなった。2022年3月のレガシィは12.3%増、BRZは2021年3月と比較して20.7%増となった。

アウトバックとCrosstrekは健闘しているが、主力車種のフォレスターの不調が大きく影響している。

SOA社長兼CEOのトーマス・J・ドール氏は、「スバル全体では、サプライチェーンの問題にもかかわらず、車両需要に対応するために懸命に取り組んでいます」と述べている。

2022年1-3月北米販売台数
フォレスター  31358台(前年同月比-34.3%)
インプレッサ  8788台(-3.6%)
WRX/STI  576台(-89.7%)
ASCENT(アセント)  14698台(+1.6%)
レガシィ  5520台(-12.5%)
アウトバック  32972台(-20.6%)
BRZ  971台(+66.5%)
Crosstrek  37463台(+6.5%)
TOTAL  132346台(-17.5%)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部