新型プジョー308、PHEVをラインナップして9年ぶりフルモデルチェンジ!

新型プジョー308を発表。9年ぶりのフルモデルチェンジ、新エンブレムを冠したフロントフェイスで登場。

プジョーはCセグメントコンパクトカー「308」および「308SW」の新型モデルを4月13日に発表した。プジョーの新エンブレムを採用した初モデルとして、注目の高い一台だ。
プジョー 308

新エンブレム初採用のシャープなフロントフェイス。ワイドになったボディにも注目。

プジョーの中核モデルともいえるCセグメントコンパクトカー「308」が9年ぶりにフルモデルチェンジを行い、国内向けの新型モデルが発表された。
先代の「308」は2013年にワールドプレミアされた後、2014年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、コンパクトサルーンセグメントで大きな成功を収めていて、累計700万台以上を販売してきたモデルだ。

新型「308」は新エンブレムを含むエクステリアデザイン、大幅に進化したPeugeot i-CockpitやADAS(先進運転支援システム)のアップデート、新インフォテイメントシステムPeugeot i-Connectの搭載、プジョー初となるフルLEDアダプティブヘッドライトが搭載されるなど洗練された進化を遂げている。

新しいラインナップでは、ボディタイプは従来通りハッチバック(HB)、ステーションワゴン(SW)の2バリエーションを展開。パワートレインは1.2ℓ直3ターボ、1.5ℓ直4ディーゼルターボ、1.6ℓ直4ターボ+PHEVの3種類を設定。組み合わされるギアボックスはすべて8速ATとなる。グレード構成はエントリーながらバランスの良い装備の「Allure」と上級モデルの「GT」の2種類となる。

ボディサイズは先代からひと回り大柄化し、ゆとりあるキャビンスペースと積載能力が向上。プラットフォームは最新の「EMP2」を採用している。

新型「308」ボディサイズ
HB(ハッチバック):
全長4420mm×全幅1850mm×全高1475mm ホイールベース2680mm

SW(ステーションワゴン):
全長4655mm×全幅1850mm×全高1485mm ホイールベース2730mm

※先代「308」からの差異は下記となっている。
・HB:全長+145mm、全幅+45mm、全高+5mm、ホイールベース+60mm
・SW:全長+55mm、全幅+45mm、全高+10mm、ホイールベース±0mm

プジョー 308
プジョー 308
プジョー 308
プジョー 308

今回の発表会見でステランティスジャパン株式会社 ポンタス・ヘグストロム 代表取締役社⻑ 兼 CEOは、以下のようなメッセージを語った。
「Cセグメントは輸入車の中でも依然、大きなシェアをもっており、狭い日本の道路において最適なサイズ感であることも人気の要因になっています。すべての人々がSUVを求めているわけではありません。この新しい308は、スタイルやコネクテッドシステム、ドライビングプレジャーなど、あらゆる面でフランスの誇りを体現したクルマです」

Stellantisジャパン株式会社 ポンタス・ヘグストロム 代表取締役社⻑ 兼 CEO
Stellantisジャパン株式会社 ポンタス・ヘグストロム 代表取締役社⻑ 兼 CEO

新型「308」は、4月13日以降、全国のプジョー正規ディーラーにて受注を開始し、7月以降に全国でデビューフェアの開催を予定している。
車両本体価格(税込)は、305万3000円(308 Allure)〜530万6000円(308 SW GT HYBRID)。

プジョー308 価格

ロングノーズ、ワイド&ローでエレガントなプロポーション

プジョー 308
キャプション入力欄
プジョー 308
キャプション入力欄

新しいプジョーエンブレムを配置したフロントフェイスは、ADAS用レーダーをエンブレムの背後に設置し、ナンバープレートをフロントエンドの下部に配置するなど、ノイズレスなデザインに仕上げている。ヘッドランプには、プジョー初の超薄型マトリックスLEDテクノロジーが採用されている。
サイドのデザインは、60mm延長されたホイールベースによって、伸びやかなシルエットを生み出し、かつ広い後席スペースを確保している。(先代比でニースペース+30mm、ヘッドクリアランス向上のためリアシート着座位置は-20mm)。低く滑らかなラインを描くノーズは、ボンネットを視覚的に長く見せている。シンプルで滑らかな側面に大きく張り出したフロント&リアフェンダーが躍動的で力強いキャラクターを表現する。
リアライトにも3DフルLEDテクノロジーを採用し、3本のライオンのかぎ爪をイメージした、モダンなプジョーブランドならではのライトシグネチャーを表現している。

3種類のパワートレーンは、
・1.2ℓ直3ターボは、 最高出力130ps /最大トルク250Nm
・1.5ℓ直4ディーゼルターボは、最高出力130ps /最大トルク300Nm
・1.6ℓ直4ターボ+PHEVは、最高出力225ps/最大トルク320Nm(システムトータル)
ハイブリッドシステムは容量12.4kWhのリチウムイオンバッテリーをリアアクスル下に搭載。EV走行可能距離はトップクラスの64km(WLTC)。EV走行(ELECTRICモード)時の最高速度は135km/h。充電時間の目安は200V 3kWチャージャーで約5時間、6kWで約2時間半となっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部