自動車メーカーのスタイル競争、パワー合戦! 80年代半ば、軽自動車のボンバンがスポーティモデルに成り替わる【連載|スズキ・アルトワークスを語り尽くす】

「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1

1987年に初代が登場したアルトワークス。軽自動では初となるDOHC4バルブ3気筒ターボエンジンを搭載。あわせて最高出力64㎰を達成。フルタイム4WDの設定も新しかった。スズキは気軽に運転できる軽自動車を「運動できるスポーティモデル」に大化けさせた。それから30余年、スズキ・アルトワークスの歴史は続く。
スズキ・アルトワークスを語らせたら終わらない(!)スズキ博士の “ワークスの歴史” を繙く連載、いよいよスタートです!

TEXT / PHOTO:スズキ博士(Dr. SUZUKI)

まずはアルトワークスの誕生まで

1 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の1枚めの画像
初代:1987年2月~(550㏄旧々規格車両)

2 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の2枚めの画像
2代目:1988年9月~

3 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の3枚めの画像
2代目:1990年2月〜(660cc旧規格車両)

4 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の4枚めの画像
3代目:1994年11月~

5 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の5枚めの画像
4代目:1998年10月~(現行新規格車両)

6 / 6

「「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」軽自動車をスポーティモデルへと大化けさせたスズキ|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.1」の6枚めの画像
5代目(現行モデル):2015年12月~

原動機名は「2気筒+1気筒の余裕」を掲げたF5A型。早期にスズキは4サイクルの3気筒NAエンジンを搭載。

80年代前半、軽自動車のカスタマイズが流行りはじめる。好まれたベース車両はFFの3ドア・ボンネットバン、40ナンバーの貨物車だ。最小の仕様で価格は手頃。それを仕立て、スタイルやスピードを競った。俺は感化され、愛車にスズキのマイティボーイを選んだ。

「スズキのマー坊とでも呼んでくれ。」ベタな、メーカーの叫びに惹かれた。

もちろん、俺はマー坊のエンジン性能も見逃さなかった。
当時の新車は排気量が550ccで、4サイクルも定着していた。しかし定番はSOHCの2気筒NAエンジンばかり。そのなかでスズキは、ウリとして「2気筒プラス1気筒の余裕」を掲げ、すでにSOHC2バルブの3気筒NAエンジンを各車に積んでいたのだ(ジムニー除く)。
原動機名は、数年後に変貌するF5A型。鋳鉄ブロックにアルミヘッドが対になる。
ボア×ストロークが62.0mm×60.0mmで総排気量が543cc。燃料供給はキャブレーターである。最高出力はグロスで30ps前後。
最新NAエンジンの半分程度でも、バンの車重は500kg台のころ。馬力相応に高回転まで滑らかに吹きあがり、実用を満たした。速さでいえば同時期、軽乗用車のセルボCT-Gにはキャブレター式のF5A型ターボが載っていた。

心躍るキャッチが並ぶマイティボーイのカタログ。若者もターゲットにした2シーターだった。こうした遊び心あるクルマづくりがアルトワークスの誕生に至った、と思う

自動車メーカーが本格スポーティモデルを展開。85年秋、ダイハツがミラターボTR-XXで先行。ミニトップの高出力を謳う

ブームの折、自動車メーカーが3ドアバンの外観をエアロパーツで飾り、エンジンやサスの高性能化に進む。
そして1985年秋、ダイハツが5MTの L70V ミラターボTR-XXを発売した。本格スポーティモデルの創世であり、パワー合戦の始まりでもあった。

エンジンは2代目ミラ用に開発された、SOHC2バルブ3気筒のEB20型ターボ。脱2気筒だ。
ボア×ストロークが62.0mm×60.5mm、総排気量が547cc。インタークーラー付き。最高出力がグロス52ps/6500rpm、最大トルクが7.1kgm/4000rpmでミニトップの高出力を謳った。

斬新なフォルムもあり、たちまち人気に。しかしリミッター解除で最高速が150km/hを超えるとか。リヤゲートには最大積載量200kgの印。そんなバン、アリなのかよって。  

ベースはサスが4輪独立懸架になった2代目ミラのTR。当初の車両価格は約86万円。最高出力は改良でグロス52ps、ネット50ps、58ps、64psと増加。58psと64psはEFI

86年夏、スズキは電子制御燃料噴射のエンジンを搭載した、アルトEPIツインカム12RSとターボSXで応戦

スズキは86年夏、2代目アルトをベースとしたEPIツインカム12RSとターボSXをぶつける。
内外装の変態は当然だ。実績あるF5Aエンジンを磨き上げた。ツインカム12RS は、ヘッドが550ccではクラス初のDOHC4バルブときた。

「レッドゾーンは8000rpmを超えた」。最高出力はネット42ps/7500rpm、最大トルクが4.2kgm/6000rpm。いっぽうターボSXは、SOHC2バルブのF5A型ターボでインタークーラー付き。最高出力がネット48ps/6000rpm、最大トルクが6.5kgm/4000rpm。ともに制御系は、スズキが先駆けるEPI電子制御燃料噴射とフルトラ式点火の最新だ。
前出のダイハツEB20型は、キャブにポイントの機械式だった。さらに駆動方式には5MTの FF以外にパートタイム4WDも加え、ダメ押し!

とどめの最上パワー。10ヵ月後の87年2月、合わせ技の専用F5A型エンジンを積む、初代アルトワークスの投入

2台に興味津々の俺はディーラーに出かけた。すると、1本のビデオを見せられた。動力性能を競合車種と比較し、優位性から購買意欲を煽る内容だった。でも、我慢。
少し前に、新車のミラターボTR-XXを契約していた。という理由もあるのだが、ツインカム、ターボとなれば、次は合体メカ・ツインカムターボの出番となるに違いない!

やはり87年2月、合わせ技で最高出力64㎰、F5A型DOHCターボエンジンを積む初代アルトワークスが登場した。当時、クラスイチの能力を誇っているミラ、ここは負けられぬ。俺は30万円かけ、ミラのエンジンを改造した。で、シャシーダイナモで56.12㎰。

競争結果は……その程度では歯が立たず、まったく追いつけず。カム・バルブの数、パワー、加速は完敗。
ともかく初代アルトワークスは、並みならぬ究極形F5Aエンジンの力で快走する。そこにはもはや、ライバルは不在であった。

次回から歴代モデルを順に紹介していきます。お楽しみに。

サスも進化。2代目アルトのリアはリーフリジッドの車軸式。スポーティモデルはコイルスプリングを使用する独自のI.T.L.式に改良。現行型アルトワークス(4WD)まで採用が続く
合わせて読みたい
初代アルトワークスのカタログ
「好きなスポーツは、ワークスです」など、名フレーズで名高いアルトワークス初代を語る|Dr.SUZUKIのワークス歴史講座_Vol.2

著者プロフィール

スズキ 博士 近影

スズキ 博士

当時の愛車、初代ミラターボTR-XXで初代ワークスと競って完敗。機会よく2代目ワークスに乗りかえ、軽自動…