Jeep「レネゲード」に専用ボディカラーの限定車「アップランド4xe」が登場!

ジープの末っ子「レネゲード」に澄んだ水色の海を彷彿とさせる専用ボディカラーの限定車「アップランド4xe」が登場!

ステランティスジャパンはこのほど、ジープのコンパクトプラグインハイブリッドSUV「レネゲード4xe(フォー・バイ・イー)」に、同モデルのテーマであるサステナビリティと、高いデザイン性の融合を図った200台の限定車「Renegade Upland 4xe(レネゲード・アップランド・フォー・バイ・イー)」を設定し、7月9日(土)に発売すると発表した。税込車両価格は568万円。

購入者には特典として、米国ライフスタイルアウトドアブランド「POLeR」社とのコラボレーションによるキャンプチェアとソフトマルチコンテナをプレゼント

レネゲード・アップランド4xeは、ジープ史上最高の燃費性能と伝統のオフロード性能を高次元で両立したプラグインハイブリッドモデル。モーターのみで最長50kmの走行が可能で、充電されたリチウムイオンバッテリーの電気を使い切った後も、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車として機能するため、長距離ドライブも安心して楽しむことができる。また、そうした自然との共存を図る同モデルのコンセプトを新たな発想で表現しており、リミテッド4xeをベースに、サステナブルかつファッション性に優れた数々の特別装備を採用した限定車となっている。

ボディカラーには、澄んだ水面をイメージさせる専用色のアズーマッターメタリックを採用。ルーフはブラック仕上げとなり、スポーティな雰囲気を高めている。また、エンジンフードにはUpland専用のデカールがあしらわれ、同デカール上ならびに前席ドアのRenegadeバッジの下部には、「THERE IS ONLY ONE EARTH」と記されたデカールが貼付される。

さらにブロンズのアクセントを用いた専用フロントグリルや、グロスブラック仕上げの17インチアルミホイール&ドアミラーにより、ボディカラーとのコントラストが際立った、精悍なエクステリアに仕上げられた点も特色だ。

シートには、海洋廃棄物からリサイクルされたSEAQUALの専用糸を用いた、エコファブリックシートを採用。マリンスポーツを想起させる専用の装飾やJeepロゴの刺繍により、デザイン性の高いシート(運転席6ウェイ/助手席4ウェイマニュアル調整機構)を採用。このほか、エアコンの吹き出し口やスピーカーの周囲にはブロンズのアクセントが施され、細部にもこだわったデザインとなっている。

このほかの装備は、ヒーテッドステアリングホイールや8.4インチタッチパネル式のオーディオナビゲーションシステム「Uconnect」、前走車との車間距離を保ちながら速度調整を自動で行うアダプティブクルーズコントロールなどの快適装備を搭載。また、車線からはみ出しそうになった時に注意を喚起するLaneSense車線逸脱警報プラス、駐車の際に障害物を音声で警告するParkSenseリヤパークアシスト、ParkViewリヤバックアップカメラなど、運転支援機能も充実している。

なお、同限定車の購入者には、米オレゴン州ポートランドのライフスタイルアウトドアブランド「POLeR」社とのコラボレーションにより実現した、サステナブルなキャンプチェア(2脚)とソフトマルチコンテナが購入特典としてプレゼント。キャンプチェアの収納バッグには、海洋プラスチック問題のひとつである廃漁網のリサイクル素材を一部に用いており、コンパクトに折り畳んで収納することが可能だ。

一方、ソフトマルチコンテナは、内側と外側にターポリンを用いることで防水性が高められ、クーラーボックスとしても利用でき、こちらも肩掛けループ部に廃漁網をリサイクルした素材を使用している。いずれの製品もJeepロゴがあしらわれた、限定車専用のアイテムだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部