初代S30マルーンへのオマージュか。バーガンディのフェアレディZは“しっぽりと”オトナの雰囲気

7月下旬、滑り込みで新型フェアレディZを注文した筆者が、黒、白ボディに続いて日産グローバル本社ギャラリーに展示されているバーガンディの実車に触れて細部をチェック。これから注文を検討している人は、バーガンディーの実際の見え方や詳細レポートをぜひ参考にして欲しい。
REPORT:蔵田智弘(KURATA Toshihiro)

S30のマルーンを彷彿とさせるバーガンディー

フェアレディZの長い歴史の中でもとくに重要な初代フェアレディZ (S30)。240ZG登場時のマルーンはイメージカラーとして定着している。
フロントグリルの四角い形状が目立たず、それよりもボンネットの光の陰影による美しさの方に目を奪われる。
サイドビューは陰影によってボディが薄く、伸びやかに見え、ロングノーズ&ショートデッキが強調されている。

バーガンディーのZを見た瞬間に「おお、格好いいなあ」と思わず声を漏らしてしまった。フロントグリルの四角い形状が目立たず、それよりもボンネットの光の陰影による美しさの方に目を奪われる。初代フェアレディZ  240ZG(S30)のイメージカラー「マルーン」を彷彿とさせるこのボディカラーはZの美しさを際立たせ、50年以上に渡る歴史の重みを感じさせる。

テールランプやディフューザー周りのブラックとの相性が良く、質感が高い。ハイライトが当たらない(暗いとき)には写真のような濃いめの印象で、これがまた、雰囲気があってスバラシイ。
Zに乗り込もうと車両に近づいていくと、ボディ同色のドアミラー、Aピラー、そしてドアハンドルからボリューム感溢れるリヤフェンダーの膨らみがたまらない。

それは、ただ単に落ち着いたワインレッド系というだけではなく、色に深みがあってボディの陰影がとてもはっきりと出る。光が強く当たる部分は明るめのレッドメタリック、陰の部分は黒っぽいダークブラウンのマルーンのようだ。最新の技術を駆使してデザインされた新型フェアレディZ(RZ34)のボディの複雑な曲面の美しさ、エッジの効いたプレスラインのシャープさが際立ち、新型Zのデザインの隠れた魅力を実に上手く表現してくれる。

乗り込む際には、ボディ同色のリヤゲートリヤフェンダーを眺めながら、所有満足度に浸れるだろう。

新型フェアレディZ(RZ34)のボディカラーはルーフをブラックに塗装した2トーンカラーを6色、モノトーンは特別塗装色のミッドナイトブラック(P)と追加料金のかからない標準塗装色のバーガンディー(PM)、ダークメタルグレー(M)の2色を加えた3色だ。

フロントノーズ周りのシャープなラインが際立ち、デザインの質感が上がって感じられる。
バーガンディーはボンネットセンターのプレスラインがくっきりと際立ち、シャープな印象だ。フロント周りの絞り込みが美しい。

ルーフ、リヤゲートの一部だけでなく、Aピラー、ドアミラーもボディ同色となるモノトーンは、2トーンとはかなり印象が異なる。サイドビューはボディ同色となったルーフ周りのボリューム感が増して、相対的にドアやボンネットが薄く見える。またボディ側面はその陰影によって、薄く伸びやかな印象だ。

リヤ周りの絞り込み、リヤフェンダーの膨らみはハイパワーなZに相応しい。モノトーンのバーガンディーはリヤゲートも同色でボリューム感がある。

ブラックのライトベゼルやディフューザー、サイドシルなどとは微妙に色が異なるのもこれに寄与している。ミッドナイトブラックも格好良かったがバーガンディーはさらにロングノーズ、ショートデッキのS30に近いスタイリングが強調される。ダーク系の色だけあって、車両がグッと引き締まって、コンパクトに感じられ、ドアやフューエルリッドの隙間などあまり気にならないのはミッドナイトブラック同様だ。

ルーフ、リヤゲートがボディ同色のモノトーン。ダーク系カラーなので、フューエルリッド(給油口)の切り欠きもあまり気にならない。


バーガンディーはブラックとの相性が良い。モール類やテールランプ周り、そしてインテリアのブラックとの組み合わせはグッと質感が上がったかのように感じられる。またレッド系でもあるため、赤いブレーキキャリパーとの相性も良い。派手さと控えめさが同居した絶妙なバランスのカラーだ。

スカッフプレートやシート周りの黒いプラスチックとバーガンディーカラーとの相性の良さや質感の高さが印象的だ。
ボディ同色ミラーとAピラーはとても新鮮。ブラックのプラスチックパーツやモール類との相性も良い。

ガンメタリックのレイズ製19インチ鍛造ホイールとの組み合わせも落ち着いた雰囲気で素敵だ。そういえば、初代240ZGもガンメタリックのホイール、オーバーフェンダーなどでマルーンとの相性が良かった。落ち着いた中にもどこか凄みと重厚感のあるバーガンディーは、新型フェアレディZ(RZ34)の「大人のスポーツカー」としてのデザインの魅力を際立たせている。

フロントは255/40R19のタイヤにレイズ製鍛造アルミホイール9.5J×19インセット+40を装着。バーガンディーは赤系なのでレッドキャリパーとの相性も良い。
リヤは275/35R19のタイヤにレイズ製鍛造アルミホイール10J×19インセット+30の超ワイドサイズを装着。リヤフェンダーの美しい造形がよくわかる。

著者プロフィール

蔵田智洋 近影

蔵田智洋

日産スカイラインGT-R(KPGC10) vs マツダロータリー勢のレース観戦をきっかけに自動車に興味を持ち、自…