高級サルーンのような雰囲気を醸し出す屈指の人気モデル「トヨタ・ハリアー」【最新SUV 車種別解説】

トヨタの高級SUV、ハリアーは、ハード面はRAV4と共通点も多いものの、質感、装備、静粛性は“ラグジュアリー”のひと言に尽きる。調光パノラマルーフなどハリアー独自の先端技術の搭載も大いに魅力的だが、高いグレードでなくても、操舵性や乗り心地は秀逸な印象だ。
REPORT:佐野弘宗(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:河辺ほのか

先進&おもてなし装備が充実 至極の静粛性で乗り味は重厚

ハリアーはトヨタの乗用車系としては最上級となる高級SUVである。先代ハリアーは日本専用車だったが、通算四代目となる現行型は、北米などでも「ヴェンザ」の名で販売されるグローバル商品に脱皮した。

エクステリア

TNGAプラットフォームを採用し、都会派SUVらしい流麗なフォルムを実現。最上級グレードの「Z」系はボディ同色のリヤルーフスポイラーや19インチアルミホイールなどを標準装備する。最小回転半径は5.7m。

骨格となるGA-Kプラットフォームや2690mmというホイールべ ース、2.0lガソリンと2.5lハイブリッド、4WDシステムといった基本ハードウェアは、RAV4との共通点が多い。しかし、質感の高いエクステリア、レザーをふんだんに使ったインテリアに加えて、調光パノラマルーフ、ドラレコ機能付きデジタルルームミラー、12.3インチセンターディスプレイなど、ハリアー独自の先進技術・おもてなし装備も多い。

インストルメントパネル

サテンメッキ加飾で飾られた幅広のセンターコンソールアンド内装も個性的。「Z」系には12.3インチSDナビゲーションとJBLプレミアムサウンドシステムも標準装備される。人が座っていない座席を認識する空調制御も採用。

価格もRAV4より明らかに高額なのに、国内販売ランキングではライズとヴェゼルに次ぐSUVとして三番手の売り上げを維持するのも、たいしたものだ。

居住性

ハードウェアはRAV4に似ていても、走りの印象は明らかにRAV4よりワンランク高級なサルーン的な味わいである。中でも特筆すべきは静粛性で、ふんだんに投入された吸音・遮音対策に加えて、「ピストンスピード2mm/s以下の極微低速域でもスムーズなストロークの動きを確保」したというショックアブソーバー、専用開発の19インチタイヤなどによるところが大きい。

うれしい装備

「Z 」系には光の透過率を変化させる調光パノラマルーフをオプション設定。透過率を下げると障子越しのような柔らかな明るさを実現する。
月間登録台数    3768台(21年10月~22年3月平均値)
現行型発表        20年6月
WLTCモード燃費  22.3 km/l ※ハイブリッドのFF車

ラゲッジルーム

同時にその乗り心地や操縦性もゆったりと重厚感があるもので、かつての「クラウンロイヤルサルーン」を思わせる身のこなしは、まさにトヨタフラッグシップSUVに相応しい。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.141「2022-2023 国産&輸入SUVのすべて」の再構成です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/141

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部