スバルの「WRX S4」が一部改良。防犯対策を強化

STI Sport R EX
スバルは11月24日、一部改良を受けた「WRX S4」を発表した。税込車両価格は400万4000円〜482万9000円。

ライティングスイッチは「車幅灯/尾灯」と「OFF」の2ポジションに変更

STI Sport R EX

スバルは11月24日、一部改良を受けた「WRX S4」を発表した。税込車両価格は400万4000円〜482万9000円。

WRX S4は、動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地などのあらゆる性能を磨き上げ、卓越した走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えたスバルのAWDパフォーマンスを象徴するモデルだ。

今回の改良では、ヘッドランプ/室内灯消し忘れ時の自動消灯機能を追加。さらに、リレーアタック(スマートキーの仕組みを悪用して盗難する手口)対策として、スマートキーへスリープ機能、およびモーションセンサーを搭載し、防犯対策を強化している。

このほか、ライティングスイッチの操作性を見直し、「車幅灯/尾灯&OFF」を1ポジションから、「車幅灯/尾灯」と「OFF」に分け、2ポジションに変更した。

●スバル「WRX S4」モデルラインナップ
・GT-H:400万4000円
・GT-H EX:438万9000円
・GTI Sport R:444万4000円
・GTI Sport R EX:482万9000円
※価格は消費税込み

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部