【トヨタ・ハイエース】大自然へ遊びに行きたくなるアゲ系カスタム Vol.2 ライノラック

コウモリの羽がアウトドアの新たな相棒!? ルーフ設置タイプの便利タープ

2004年に登場以降、改良を重ねながら現在も日本市場で販売を続けている5代目・200系ハイエース。仕事車としてのニーズが強い一方でカスタマイズのベースとしても人気が高く、ゆえにアフターパーツも非常に多い。アウトドアブームの昨今ではキャンピング仕様の需要もあり、室内を快適に過ごせるアレンジを施し、外装もワイルドなクロカンスタイルに仕上げるユーザーも多い。今回はアウトドア仕様に特化したカスタマイズをご紹介。

クルマを停めて広げれば、そこがキャンプ地に♪

ライノラック・ハイエース
室内空間が広々としたハイエースだから寝るのは車内でいいけれど、いざ屋外でキャンプする際もハイエースが快適なアウトドアライフをサポートしてくれる。

キャンプであると非常に便利な装備が日よけに役立つサイドオーニングだが、ライノラックのバットウイングオーニングはその名の通りオーニングがコウモリの羽のように広がるのが特徴。

従来のオーニングは側面からまっすぐしか広がらないが、こちらも270度も広がって側面と後方をカバー。

これなら大人数でも強い日差しや雨から身を守ることができるし、別売のオプションを追加することで機能性がさらに向上。

このバットウイングオーニングを装着するためにセットで揃えたいのが、同じくライノラックのパイオニアプラットフォーム。

素材は軽量なアルミ製で、防錆・色あせ防止加工が施されているため耐久性も文句なし。最大積載量は100㎏と、キャンプ道具を積むには十分な積載能力を誇る。

そしてわざわざ市販のベースキャリアを付ける必要がないため、全高を抑えられるのも魅力。ハイエース向けに専用設計の取り付けキット「RLレッグ」とセット販売も行っているので、スピーディに装着するならこちらがオススメ。

バッドウイングオーニング

1 / 3

「コウモリの羽がアウトドアの新たな相棒!? ルーフ設置タイプの便利タープ」の1枚めの画像
オプションのエクステンションを追加すればテント風に。窓が付いたモデルも設定あり。

2 / 3

「コウモリの羽がアウトドアの新たな相棒!? ルーフ設置タイプの便利タープ」の2枚めの画像
ルーフラック後方の支点から、パイプをスライドさせて展開させる

3 / 3

「コウモリの羽がアウトドアの新たな相棒!? ルーフ設置タイプの便利タープ」の3枚めの画像
オーニングは専用ケースが付属しており、ご覧の通りコンパクトに収納できる。

パイオニアプラットフォーム

ホイールステップ

アルミニウムラダー

スペード

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon