ヤリスクロスのグレード選び! 高級グレードに倣う装備を持つ中級車。黒シートなら迷わずG系を!|ヤリスクロス総点検

グレードの違いでそんなに変わるの? 【トヨタ・ヤリスクロス】ホントに買うべきグレードは? HYBRID G/GASOLINE G 編

多くのクルマが、標準装備などの違いによって細分化しているグレード。最も安い入門グレードでコスパを狙うか、豪華装備を求めて上級グレードを選択すべきか。人気のコンパクトSUV、トヨタ・ヤリスクロスのグレード体系はどうなっているのか。各グレードを徹底比較。今回は中級グレードのG系。

G系はZ系共有装備も多いものの、ちょい背伸びすれば……。

松竹梅の中間に位置するG系は、まずまずの装備だが、先述した通りちょい背伸びすると機能的な装備がお得に手に入るため、Z系ほどの存在感はない印象だ。

▶ヤリスクロスの装備・グレードの違い、価格などがわかる総点検記事シリーズはこちら

実際ディーラーでもG系を希望して、内容を知ると結局Z系というケースはあるそう。

ただしG系にありZ系にないものも。それが内装色。

Z系で賛否が割れているとされるシート表皮と内張り、インパネが、G系では合皮ではないもののブラックに。

最廉価X系もブラックだがシート形状自体が異なり、ヘッドレストをはずせないなど実用性に難があるため、ヘッドレスト別体の黒シートとなると必然的にG系となる。

シートカバーを付けたら一緒……という意見もあると思うが、内張りやインパネまわりはそうはいかない。悩みどころだ。

■車両本体価格■
HYBRID G
【2WD】 239万4000円
【4WD】 262万5000円
GASOLINE G 
【2WD】 202万円
【4WD】 225万1000円

大きな違いは前後ライト

G系グレードの注目はこちら! 外装編

【デイタイムランプ】

【フロントグリル】

【16インチ ホイール】

【ルーフレール】

G系グレードの注目はこちら! 内装編

【シート】

【後席&荷室床】

【メーター】

【デッキフック】

G系グレードの注目はこちら! 機能編

【充電用USB】

【イージーリターン】

【BSM】

気になる燃費は?(WLTCモード)
【2WD/HYBRID】
30.2㎞/ℓ
【4WD/HYBRID】
28.1㎞/ℓ
【2WD/GASOLINE】
19.8㎞/ℓ
【4WD/GASOLINE】
18.2㎞/ℓ

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon