防げる手口もある! 高級ミニバンやSUVは特に注意したいクルマの盗難|愛車は自分で守る

CANインベーダーは対応策なし!?【愛車は自分で守る】第2弾/大胆な車両盗難には最新のセキュリティを!スマートキー対策も忘れずに!

近年の車両盗難に関する手口は、電子制御化が進む新型車の弱点をついた巧妙な手口が多い。それらを知っておくことは大事だが、肝心の対策も充分に理解することが必要だ。手軽に効果を発揮するスマートキーカバーなどもあるが、最新のセキュリティで予防することもお薦めしたい。

Guarding

盗難の心配を少しでも軽減万が一に備えて導入すべし

▶▶▶守り方いろいろ!「愛車は自分で守る」記事シリーズはこちらへ

現在のクルマの大多数は、イグニションキーではなくスマートキーが主流となっている。

実際に鍵穴にキーを差し込んで回すという動作が必要なく、ボタンを押せばロック/アンロックができ、中には近づくだけでアンロックできるタイプもある。

基本は電波を出して、クルマ側の受信機で受信してロック/アンロックするのだが、最近ニュースにもなっているのが「リレーアタック」や「コードグラバー」などのキーワード。
これらは車両窃盗団が用いる手口で、リモコンから出ている電波を悪用して、いとも簡単にクルマのロックを外し、エンジンを掛けてしまうことができる。

また最近話題になっているのが、トヨタやレクサス車を対象に使われる「CANインベーダー」。

こちらは電波は関係なく、何かしらの機材を使ってクルマの配線に割り込むことで車両を窃盗する。

現段階ではCANインベーダーの具体的な対応策は存在していないというから、恐怖でしかない!

最新の盗難手口はこれだ!

【リレーアタック】

スマートキーと車両側は双方の電波を感知する送受信機があり、1台ごとに暗号化された固有の電波を識別する。リレーアタックは特殊な装置でその微弱な電波を増幅させ、受信機で中継して車両のロックを解除する車両盗難の手口。

【コードグラバー】

リレーアタックではスマートキーの電波を増幅してロックを解除するが、このコードグラバーは、そのスマートキーの電波を傍受し、IDコードをコピーする手口。スマートキーを複製することで、いとも簡単にロックを解除できる。

【CANインベーダー】

クルマに張り巡らされるECUなどのCAN 通信システムに入り込み、診断コネクターと同じ操作をする新しい車両窃盗の手口。車両によりカプラーアクセスポイント情報があり、その情報と特殊機材は裏サイトで売買されているという。

被害に遭いにくくするならスマートキーの電波を遮断

「リレーアタック」や「コードグラバー」は、スマートキーから出ている微弱な電波を悪用する手口。その電波を遮断することで、対策することができる。一軒家の場合、玄関の近くにあるスマートキーの電波が傍受されてしまう場合もあるので要注意。

M’z SPEED/リレーアタックガードポーチⅡ(●1408円〜)

問:エムズスピード

トヨタ車は省エネモードで対策できる

トヨタ車のスマートキーは施錠ボタンを押しながら、解除ボタンを2回押すと、インジケーターが4回光り、節電モードになる。電波の受信待機を停止させることはリレーアタックに有効。ちなみにこのモードではスマートエントリー&スタートシステムが使えない。

様々な機能を搭載したセキュリティシステムを活用

買ったままの状態では車両盗難や車上荒らしには対応できない。そこで登場するのがカーセキュリティだ。様々なセンサーを駆使して窃盗団やいたずらから愛車を守ってくれる。

CLIFFORD/インテリガード880J(●16万5000円/工賃別途)

問:ミラージュオートアラーム

衝撃学習機能付きオムニセンサー、車両の傾きを感知するデジタル傾斜センサーを標準装備。2系統のイモビライザーで不正エンジン始動を防止する。

VIPER/3503Ⅳ(●オープン価格)

問:セキュリティラウンジ名古屋

Grago/ZVT(●15万8000円〜/工賃込み)

問:カーブティックイフ

車両異常時には通報音とバイブレーターで知らせるアンサーバックモデル。リレーアタック対策用の機能も搭載される。

AUTHOR ALARM/キーレスブロック(●4万2350円〜)

問:プロスジャパン

スマートキーでロックした後、アンロックボタンは有効だがスマートキーの電波を車両が受け付けなくなるアイテム。他社製セキュリティと併用もOK。

HORNET/725VⅢ(●オープン価格)

問:セキュリティラウンジ名古屋

第3弾では「パーツ盗難」の手口対策を紹介!

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon