ファイコネ版より「もう少し低く」を目指して開発したアルヴェル専用車高調

推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム

車高調のトレンドはダウン量より乗り心地。しかしカスタム好きにとって、重要な低さスペック。相反するこの2つの要素を高レベルで両立する車高調があるらしい。

対応は30系アルファード&ヴェルファイア、減衰力25段調整にフルタップ全長式車高調

AVANZARE/ベストライドサスペンションキット アヴァンツァーレ

最近の車高調のトレンドは低さよりも乗り心地に遷りつつある。

しかし、乗り心地を追求すれば、ダウン量はかせぎにくい。

とはいえ、カスタム好きにとって、低さは重要なスペックのひとつ。

その相反する要素を高いレベルで両立したのが、アヴァンツァーレ・ベストライドサスペンションキット。

車高調で定評のあるファイナルコネクションとのコラボモデルで、先行してリリースされたファイコネ製ベストライドダンパーがベースになっている。

特徴は、ファイコネ版より〝もう少し低く〞を目指して開発されているところ。

具体的にいうと、ファイコネ版はF40mm/R35mmの推奨ダウン量であるのに対し、アヴァンは前後50㎜(最大ダウン量は75㎜)に設定。

その上で、乗り心地を意識した味付けになっているのだ。

実際乗ってみても、ローダウンしているとは思えないほどの快適さ。

アルヴェル乗りのみなさん、これは買いですよ!

アヴァンツァーレ_ベストライドサスペンションキット

1 / 3

「推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム」の1枚めの画像
スプリングはタル型を採用。バネレートは7.5kgfと、他と比べてやや高めだが、実際に乗っても数値ほど硬く感じないのでご安心を。

2 / 3

「推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム」の2枚めの画像
車高を変えても、ショックのストローク量が変わらない全長調整式。推奨は50㎜ダウンだが最大ダウン量は75㎜だ。

3 / 3

「推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム」の3枚めの画像
アッパーマウントは強化ブッシュを封入したリジッドタイプ。上部のダイヤルで25段階の減衰力調整ができるぞ。

1 / 2

「推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム」の1枚めの画像
リアはアジャスターによって車高を調整することができる。乗り心地を重視して組み合わされるスプリングのバネレートは6.2kgf。

2 / 2

「推奨車高50ミリダウン!【30系トヨタ・アルファード・ヴェルファイア】人気ブランドがコラボしたNEW車高調は、追求した乗り味に絶妙なローダウンで魅せる!|アヴァンツァーレ|足回り カスタム」の2枚めの画像
リアショックも全長調整式。スプリングで決めた車高に合わせて長さを調整できる。上部には減衰力調整ダイヤルを備えている。
車高を調整する際に使う付属のレンチはトルクレンチが使える差込口付き。目盛りが付いているので調整幅を計測するのに役立つ。
推奨車高(前後約50㎜ダウン)に合わせた状態がこちら。21インチホイールとのバランスもあり、大人なローフォルムを作り上げているのだ。
【SPECIFICATION】
●適合:アルファード&ヴェルファイア(30系)
●価格:21万7800円

**スタイルワゴン2021年7月号 No.307より**

スタイルワゴン 最新号 2021年 7月号 ミニバン SUV カスタム 月刊誌

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon