キーレスのデジタル化によって、車両盗難の手口が大きく変化! 車上荒らし&車上盗難を撲滅せよ!

車両盗難の手口は大きく3つ! いま急速に広まっているCANインベーダーって一体なんだ? 【愛車盗難徹底抗戦 第1回】

昨今、TVニュースでも頻繁に取り上げられているのが、最新鋭の車両盗難手口として急激に広まっているCANインベーダー。その実態は一体何なのか、そして防衛手段は存在するのか、この特集ではガチで真相に迫ります!!

進化するコソ泥の手口を理解した上で対抗せよ!!

ニュース番組などで車両盗難の事件が定期的に報道されているのは、実際に車両を持ち逃げされる被害が絶えないからに他ならない。これまでも世間では「コードグラバー」や「リレーアタック」といった手口が紹介され、その対策法などが若干オブラートに包まれつつも伝えられてきた。そして昨今の報道で声高に叫ばれているのが「CANインベーダー」なる聞き慣れない造語だ。

現代のクルマは電子制御化が進み、車体の至る所にCANことコントローラーエリアネットワークが張り巡らされている。ウインカーひとつとってもCANで制御されており、故障診断をはじめとした利便性向上に繋がっている。しかし、この利便性は諸刃の剣とも言えるもので、悪用しようと思えば配線1本からクルマ全体を支配下に置くこともできてしまう。

そして、従来の「コードグラバー」や「リレーアタック」といった手口と絶対的に異なる点が、スマートキーの発する電波を「CANインベーダー」は必要としないことに有る。これにより、窃盗犯はポツンと駐車している車両に難なく近づき、手慣れた作業でCANの配線に機器を接続してオーナーに成り代わってしまうのだ。

果たして、この終わりなき闘いに終止符を打つことは出来るのだろうか……。

キーレスキー操作で発する電波を遠方からグラブして(掴んで)解錠する【コードグラバー】

スマートキーの微弱電波を拾ってリレー形式で鍵のIDコードを盗難【リレーアタック】

スマートキーの微弱電波すら不要、車両のCAN通信に直接アクセス!?【CANインベーダー】

▶▶▶愛車盗難徹底抗戦まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon