圧倒的なディープコンケイブと、メカニカルなビードロックデザインがUS感溢れるゴーレム

ジムニー史上最深のディープコンケイブ!? MGゴーレムの存在感は格別だった【コレを選べば失敗しません! #ジムニーに履かせたいホイール_ 2022春】

走若男女を問わず、多くのファンから絶大な人気を得ているジムニー/ジムニーシエラ。アウトドアシーンはもちろん、街中でも映えるお洒落さが人気の理由だ。そんなジムニー/ジムニーシエラをより個性的に乗りこなすなら、まずはホイール交換してみませんか? コレを選べば失敗しない、いま注目のホイールをご紹介します。第1回はMG ゴーレム。

ブランド初のオープンナットフェイスを採用

【CRIMSON/MGゴーレム】

ラグジュアリーなUS系大口径ブランド、マーテルから派生したMGは、ハイグレードセダンやSUVをリスペクトしたマーテルとは異なり、本場USのライトトラックカスタム文化をフィーチャーした作品を展開するブランド。ダイナミックでアグレッシブ、他にない独創的な世界観がその特徴で、まさにギアと表現したくなる、ワイルドなオフロード系モデルがずらりとそろう。

そんな中でも特に大胆なフォルムを持つのが、このゴーレムだ。最大の武器はド迫力のディープコンケイブシルエットで、ジムニー用でここまでの深さを確保しているホイールはレア。しかもMGとしては初めてのオープンナットフェイスで、従来よりもさらにコンケイブの深さが増されているのだからインパクト大だ。

急角度で中央へと落下していくスポークも、H鋼を彷彿とさせる骨太なデザインで、強靭さが満点。さらに切削処理されたリムフランジは、スポーク先端にまで乗り上げたような格好で、まるでホンモノの別体ビードロックリングのよう。大きなボルトで打ち留められたカギヅメのようなその形状は、まさにビードロックデザインの進化版といった印象だ。

ゴーレムは基本、6本スポークデザインなのだが、ジムニー用の16インチに関しては5本スポークレイアウトとなるのも、特別感があって魅力的。強靭でありながら洗練度も高いモデルだけに、本格オフ仕様に似合うのはもちろん、アーバンシーンでも強烈な存在感を発揮してくれる。

SPEC
SIZE      INSET   HOLE-P.C.D    PRICE
16×5.5J     20     5-139.7    4万4000円
16×6.0J     −5     5-139.7    4万5100円
COLOR:マットブラック、ブラック×マシニング(2200円アップ)

▶▶▶ジムニーに履かせたいホイール_2022春まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon