グレード体系の見直しやデザインもアップグレード! 日産・リーフがより魅力的に!

補助金を利用できれば総費用がグンとお安く! 電気自動車の先駆け的存在、日産・リーフが身近になった!

電気自動車の先駆け、日産リーフがアップデート。進化したポイントをチェックしていこう!

アルミホイールのデザイン一新や、ボディカラーも新色追加!

【NISSAN LEAF/日産 リーフ】

>>> 2022年の新車レビュー 一覧へはこちらから

電気自動車の先駆け、日産リーフが、商品改良を実施した。フロントグリルのエンブレムがイルミネーション付きになったほか、グリルも組木細工をイメージしたデザインに変更。アルミホイールもデザインを一新している。

ボディカラーは、白系と黒系に新色を追加した。白さを追求した〝ピュアホワイトパール〟と、漆黒感と煌めきを表現した〝ミッドナイトブラック〟を新設定している。

グレード体系も見直され、最廉価版の「S」と特別仕様車「アーバンクロム」を廃止。一方で、標準車系(バッテリー容量40 kWh)が11万6000円、「e+」系(同60 kWh)が19万2500円値下げされ、CEV導入補助金を活用した実質価格は約293万円(消費税込み)からとなった。

>>> 2022年の新車レビュー 一覧へはこちらから

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon