ハイエースの純正ナビスペースは7インチ! でも10インチワイドのディスプレイが設置できる!?

【200系ハイエース・おすすめパーツ10選】ネットも、電話も、カーナビも! GARAXの10型大画面のマルチメディアナビが便利すぎた!

【TOYOTA・ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選 #001】
純正のカーナビも大画面化が進みつつあるが、車種によっては限界がある。特にハイエースの場合は7インチワイドが限界とされていた。しかしGARAXから、そんな限界を大きく突破する、10インチワイドのフローティングナビがリリースされた。

ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選まとめはこちら

タブレッド感覚で使えるタッチパネル操作

【GARAX/フローティングナビ】

最近はアフターメーカーだけでなく、純正のカーナビゲーションも大画面化が進みつつある。しかしハイエースの2DINスペースは、7インチワイドが限界。最近のスマホやタブレットに触れて大画面に慣れている人にとっては、少々物足りなさを感じるだろう。

そこで10インチのワイド画面を採用した、ギャラクスのフローティングナビがオススメ。「2DINスペースに10インチが収まるわけない」と思ったあなた、ちょっと待った。実はこのナビ、2DIN枠の手前に浮いているかのように装着するフローティング仕様となっているから、画面の大型化が実現。しかもアンドロイドOSを搭載し、ナビだけでなく動画の視聴やインターネット、通話など様々な機能が使える。ドライブが楽しくなることは確実!

ギャラクスフローティングナビ
■対応:2DINスペース付き車
■価格:5万8080円

ハイエース_RECOMMEND PARTS 10選まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon