【SUZUKI JIMNY SIERRA】ルーフテントとサイクルキャリアが装備できる、特注トレラーが最強だった!

英国ミリタリー系スズキ・ジムニーシエラが激シブ!【キャンプサイトで映えるアウトドアビークル 18選】あえて無骨に野暮ったく、軍用車の雰囲気を演出

【OUTDOOR Vehicleによるキャンプサイト拝見 #002】クルマでアウトドアを楽しむスタイルは、まさに三者三様で十人十色。クルマの装備を充実させる人もいれば、そもそもベース車から「他と違う」を求める人、キャンプギアに凝り出す人などそれぞれのこだわりがあるから面白い。それでは全国各地のアウトドア系ユーザーを見ていこう。

カスタムトレーラーを引く、ミリタリーなスタイリング

個性派の多い現行ジムニー&シエラの中でも、ひときわ異彩を放つ1台。真っ黒なトレーラーを引いているだけでも目立つのだが、それもルーフテントとサイクルキャリアを備えたスペシャル仕様だ。クルマ本体側に目を移せば、こちらも鉄っぽいミリタリーなスタイリング。よく見るとシュノーケルやワイヤープロテクター、無線アンテナなどメカメカしい装備もあり。このシエラでどんなキャンプを楽しんでいるのか、興味をそそられる。

▶キャンプサイトで映えるアウトドアビークル18選 まとめはこちら

2019年の東京オートサロンに出展され、話題を呼んだダムドのボディキット・リトルD。そのイラスト画をひと目見た時から、もう買うことを決意していたというオーナー。

「昔からジムニーといえばジープのイメージでしたが、これを見てディフェンダー的なのも凄くいいなぁと。イギリス軍のイメージでイジったら面白いんじゃないかと考えました」。

コンプリートキットを購入後、そのコンセプトに沿ってカスタムを開始。ルーフラックやLEDバー、リアラダーといった定番アイテムに加え、ヘッドライト&フォグガードやシュノーケル、縞板柄のコーナーガードなども装着。ラプターライナー塗装も駆使して装甲車のごとくタフに仕上げた。

ちなみにジムニーに乗るのはこれが初めて。前愛車はステップワゴンだったし、未知のクルマだったわけだが、
「乗り換えたら急に知り合いが増えて驚きました。私は還暦なんですけど、この年でこんなに新しい友人ができるなんて思ってもみませんでした(笑)」。

本格的にキャンプを楽しむようになったのも、仲間ができたからというのが大きい。元ボーイスカウトでキャンプ歴50年という大ベテランなのだが、しばらくは冷めていたその熱が、ジムニーシエラと共に再燃といったところ。

「よく一緒に林道を走りに行って、そこでキャンプをするんですが、食事やテントなどはおのおので準備するのが基本ルール。夜は1人で静かに過ごしてもいいし、誰かと焚き火を囲みながら、お酒を飲んで語らってもいい。半分ソロみたいな感じで、ゆるく楽しんでいます」。

そんなキャンプシーンで活用しているのが件のトレーラー。ソレックスのカーゴトレーラーをベースに、ルーフテントとサイクルキャリアも付けられるよう、ショップに頼んで作り込んでもらった幌付きの特注品。中にはキャンプギアがぎっしり収納されているが、引き出し式でスムーズに荷物を出し入れできる工夫もされている。

「普段は切り離していて、キャンプの時だけ繋げばいいので機能的。冬は薪ストーブなんかの大物も積めます」。
 少し心許ないシエラの積載問題もこれで解決。ゆうゆうと余裕のあるキャンプを楽しめるというわけだ。

とにかく手数の多いこのシエラ。エクステリア各部のガード&プロテクター類に、リカバリーラダーやスコップ、コンテナといった小物類も効果的にマウント。オバフェンは純正なのだが、穴開けしてダミービスを埋め、社外風に見せるという工夫も面白い。

「室内も無線機やコードをあえてむき出しにごちゃっと置いて、軍用っぽい無骨さ、煩雑さを演出しています」。

一方で車高は20ミリアップに止め、ホイールも純正と同じ15インチを履き、タイヤは215のデューラーMT673を合わせるという渋さ。

「この辺は過激すぎず全体のバランスを大事にしました。あとは腹下やエンジンルームなど、見えないところまで手を入れているのもこだわりです」。

SPECIFICATIONS
●MODELS:スズキ・ジムニーシエラ(令和元年)
●WHEEL:アピオ・ワイルドボアSR(15×6.0J)
●TIRE:ブリヂストン・デューラーM/T673(215/75-15)
●SUSPENSION:アピオ7420サスペンションKIT(20㎜リフトアップキット)、フューエルタンクガード、キャニスターガード、トランスファーガード、前後アームスキッドガード
●TUNING:スルガスピードPFSループサウンドマフラー&センターパイプ
●EXTERIOR:ダムド・リトルD仕様、LEDライトバー、ライトプロテクター、コーナープロテクター、ワイヤープロテクター、シュノーケル、ルーフラック、サイドオーニング、オリジナルキャンピングトレーナー(SOREXカーゴトレーラー・THULEフットヒル・INNOサイクルキャリア)
●INTERIOR:レアルステアリング、ネオプロトアルミペダルセット

アウトドアをともに楽しむジムニー仲間たち

▶キャンプサイトで映えるアウトドアビークル18選 まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon