デジタルルームミラーと前後2カメラがワンパッケージ。安全運転向上と煽り運転対策の一石二鳥

「写真をとります」で静止画撮影! ドラレコ内蔵のデジタルルームミラー、ケンウッドから登場! 

今なお減らない煽り運転問題。万が一に備えて後方の録画も可能な前後2カメラタイプのドライブレコーダーが人気だ。そのカメラ機器を活かす形で最近注目を浴びているのがデジタルルームミラー。ディスプレイ内蔵のルームミラーには、カメラで捉えた後方映像が常時映し出される。ラゲッジの荷物を気にすることなく、いつでも良好な後方視界が得られるのだ。

バックミラーは実像よりも映像が見やすい!

DRV-EM4700 / ケンウッド

ケンウッドより、ドライブレコーダーの新ラインアップとして、前方・後方の同時録画に対応するデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」が登場。

現在、国土交通省が進める自動車の安全基準により、カメラモニタリングシステムを備えることでバックミラーのない車両の設計・製造を可能としたほか、バックカメラや検知システムを備える後退時車両直後確認装置の装備が強化されている。

こうした背景により、バックカメラや電子ミラーなどの後方確認が普及し始めたことに伴い、ドライブレコーダーにおいても映像記録だけでなく電子ミラーで後方視界も確認できるデジタルルームミラー型が人気となっている。

「DRV-EM4700」は、リアカメラで撮影中の映像をリアルタイムで液晶ルームミラーモニターに映し出すデジタルルームミラー型のドライブレコーダー。従来のルームミラーのように、ピラーや荷物の写り込みによる死角を低減し、後方視界が格段に向上する。

デジタルルームミラーには広い視界角を持つ高画質の大画面12型IPS液晶を採用。タッチパネルを採用し、スライド操作による表示範囲の調整やタッチ操作による前方・後方の画面の切り替えも可能だ。

前後カメラ共に好感度CMOSセンサー「STARVIS」を搭載。夜間やトンネル内など暗いシーンでも鮮明な映像を前後同時録画が可能。また、走行中にハンドルから手を離さずに、音声によって基本操作をおこなえる「音声コマンド機能」により、緊急時などに手動録画を開始できる「イベント記録開始」、静止画撮影できる「写真をとります」、表示画面を切り替えられる「フロントカメラ」「バックカメラ」「すべてのカメラ」の5つの音声に対応している。

オプションの車載電源ケーブル(CA-DR550)による電源接続で、最長24時間の駐車監視録画にも対応する。

【SPECIFICATION】
●商品名:デジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」
●価格:オープン(市場想定価格:6万1000円前後)
●仕様:(メインユニット)電源電圧:DC5.0V(12V車両用シガープラグコード付属)、消費電流(最大):2.0A、測位:GPS、Gセンサー:−0.4G〜+1.4G 6段階(0.2G刻み)、液晶モニターサイズ:11.88型IPS液晶、最大記録画角:水平 約143°/垂直 約76°/対角 約170°、撮影素子:1/2.8型フルカラーCMOSセンサー、F値:F1.9、地デジノイズ対策:あり(後方撮影用カメラ)撮影素子:1/2.8型フルカラーCMOSセンサー、最大記録画角:水平 約107°/垂直 約55°/対角 約132°、F値:F2.0、地デジノイズ対策:あり
●寸法:(メインユニット)W293mm×H73mm×D45mm、(バックカメラ)W47.8mm×H38mm×D26mm(ブラケット取り付け時高さ:最大60.5mm)、重量:(メインユニット)457g(microSDHCカード含む)、(バックカメラ)41g
●付属品:バックカメラ(ブラケット付)、microSDカード(32GB、アダプター付)、シガープラグコード(3.5m)、バックカメラ用ケーブル(8.0m)、GPSアンテナユニット(2.0m)、固定用バンド(短×2、長×2)、クリーナー

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon