個性的なSUBARU車が勢揃い! US仕様+アウトドア、みんなのキャンプサイトにお邪魔しました! 【Vol.2】

The SUBIE #2|スバル・レガシィアウトバックでオーバーランドスタイルに!【スビーキャンプ】本日、父子でたこ焼きパーティ満喫中です!

owner NAMIKO さん
【The SUBIE #2】スバル車を中心に、超こだわりのUS仕様カスタム車が集まる「The SUBIE #2」のイベントで、前日入りしてキャンプも一緒に楽しんでいたオーナー達をクローズアップ。オシャレなクルマとキャンプライフをレポート!

The SUBIE #2 まとめはこちら

#003 レガシィアウトバック

「とにかくルーフトップテントを乗せたい!」という思いから、装着を機にキャンプを始めたとのこと。野宿をしながら長距離移動する旅のスタイルである「オーバーランド」のイメージに憧れてこのスタイルにしたんだとか。キャンプを始めて2、3年ほどで、家族全員で行くときはルーフトップに加えて普通のテントも持っていくそう。キャンプギアは1つのブランドにこだわらずに、バランスよく良いなと思った物を買うようにしているそう。ハワイが好きすぎて、コロナ前は年1で行っていたそうで、親子で着ているTシャツやタオルなどのアパレル系はハワイで購入したアイテムだ。もちろん愛車に貼ってあるステッカーもmade in Hawaii!

SPEC■ホイール:Black Rhino Wheels・Boxer(16×7.0J)■タイヤ:ファルケン・ワイルドピークAT3(235/70)■エクステリア:F/Sスポイラー&フロントグリル&ヘッドライト=US純正、サイドミラー=BR前期の倒れないミラー■インテリア:メーター&インパネ&フロントガラス=US純正■チューニング:ショック=Subtle Solutions・1インチリフトアップスペーサー、エアクリーナー=K&N

#004 WRX STI【VAB】

10年くらいブランクがあったが、お子さんが生まれて、キャンプを再開したというならたくさん。お家で薪ストーブを使用していることもあり、スウェーデントーチなど、焚き火類の装備はバッチリだ!しかも、スウェーデントーチはご自身で切れ込みを入れているという超本格派。今後はルーフテントを考えているが、強度や耐荷重の問題など、少し不安があるが、もしかしたらルーフレールを付ければ装着できる可能性があるかもと検討中。積載性がネックのセダンでのキャンプスタイルの救世主になるか? 

#005 インプレッサ【GC8】

寝袋で寝るのも初めてというキャンプビギナーのNAOさんカップル。とりあえず、何が必要かわからないから見様見真似でいろいろ一式揃えたそうだが、ギアのチョイスは完璧☆前回のイベントは参加できなかったため、今回はキャンプから参加するぞーと気合い十分でエントリー。テントの設営は初めての割には簡単にできたそうで、2人で協力しながらやるキャンプは、とても楽しかったとのこと。BBQはもともと好きだそうで、食材もたっぷり用意でお腹まんぷきん♪

SPEC■ホイール:ワーク・シーカーGX(18×9.0J)■タイヤ: ナンカン・NS-25(225/35)■エクステリア:Fリップ=ラアンススポーツ、Sスポイラー=不明、Rバンパー=BOMEX、ヘッドライト=US仕様サイドマーカー、ボンネット=カーボン・不明、ノーズブラ&フューエルリッド=US純正■インテリア:ステアリング=スパルコ、シフトノブ=スナップオン、シート=スパルコ・R100■チューニング:車高調=XYZ、マフラー=HKS・サイレントハイパワー、エアクリーナー=HKS、ブレーキ=ブレンボ

The SUBIE #2 まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon