オムロン:安全運転管理サービス「DriveKarte」シリーズにアルコールチェック結果記録サービスを追加

「DriveKarte A」操作画面
オムロン ソーシアルソリューションズ(以下、OSS)は、従業員の安全運転を管理する立場にある事業者向けのドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)(※1)」「DriveKarte S(※2)」の新しいシリーズとして、アルコールチェック結果の記録機能に特化したスマートフォン向けクラウドサービス「DriveKarte A」を2022年8月より提供開始した。

2022年4月の改正道路交通法の施行により、今まで対象とされていた緑ナンバーの運送・輸送事業者だけでなく、白ナンバーの社用車・公用車を所有する企業・団体にもアルコールチェックが義務化され、ドライバーの酒気帯びの有無の確認と記録、および1年間の記録の保存が必要となった。OSSでは、この法改正を受けて、乗車前と降車後に義務付けられたアルコールチェック(※3)結果の記録をスマートフォンで手軽に行える機能を、ドライブカルテシリーズに追加した。

これにより、運転者は、外出や直行直帰などの出先でのアルコールチェックの記録を、従来の紙などの媒体からクラウドサービスに切り替えることができ、運行管理業務のDXに貢献する。
また、すでに「DriveKarte」および「DriveKarte S」を使用している事業者は、同じアカウントで「DriveKarte A」も使用することができ、運行状況や安全運転の記録を紐づけて管理することができる。なお、「DriveKarte A」単体だけでも利用することができる。

【注釈】

※1. DriveKarte:「ドライバー見守り車載センサー」により、車両の走行状態、ドライバーの運転集中度(眠気・脇見)から危険運転を検知し、ドライバーへの音声警告や管理者への通知を行うことで、安全運転をサポートするサービス。なお、車載器搭載タイプは2022年3月末に販売を終了している。

※2. DriveKarte S:iPhoneで安全運転管理を行えるアプリ。車両の走行状態から危険運転を検知し、ドライバーへの音声警告や管理者への通知を行うことで、安全運転をサポートするサービス。

※3. アルコール検知器によるドライバーの酒気帯び状況を、管理者が目視などで確認する手段は、「DriveKarte A」以外で実施する。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部