いすゞ・トランストロン・富士通が、共同で商用車情報基盤「GATEX」の運用を開始

いすゞ自動車、トランストロン(以下 TTI)、富士通は、物流に関わるさまざまな業界や 社会インフラと連携した新たなサービスを創出する商用車情報基盤「GATEX(ゲーテックス)」を 運用開始したことを発表した。同時に、いすゞのソリューションとして、進化した高度純正整備「PREISM(プレイズム)」や商用車テレマティクス「MIMAMORI(みまもり)」が「GATEX」を用いて提供される。

「GATEX」は、いすゞ、TTI、富士通の3社が、高度な商用車の運行管理や車両の稼働サポートサービス提供を目的として、2021年2月より構築を進めてきた商用車情報基盤であり、いすゞとTTIがお客様から情報をお預かりする約50万台の商用車向けにサービスを提供することで、商用モビリティ分野において最大規模のものとなる。

「GATEX」により、いすゞの「PREISM」、「MIMAMORI」と、TTIのクラウド型運行支援サービス「ITP-WebService」は、富士通の提供する「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud」上で相互連携することで、統一運用が可能となる。

3社は、商用車の運行情報と車両コンディション情報を活用した高度な運行管理や稼働サポートサービスの提供に加え、荷主・運送事業者・倉庫事業者等の基幹システムをはじめとした多様なデータ連携により、物流業界が抱えるさまざまな課題の解決に貢献する仕組みを提供する。また、業界を超えた情報プラットフォームとの連携による新しいソリューションの創出や、今後の電動商用車の普及を見据え、EMS(エネルギー・マネジメント・システム)だけでなく、今後 さまざまなデータベースとしての活用も視野に入れ、商用車情報基盤として、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。

「GATEX」の由来

門・門扉・出入り口などの意味を持つ「GATE」に、相乗効果や未知の可能性を持つ「X」を加えた造語であり、無限の可能性を創り出す扉を意味している。これらの言葉を組み合わせることで、商用車情報基盤の将来の可能性を表現している。

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標である。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部