トヨタ:ノースカロライナ州グリーンズボロ-ランドルフのサイトを米国の新しい自動車用バッテリー工場に選択

北米トヨタは12月6日、ノースカロライナ州のロイクーパー知事とノースカロライナ州リバティーのフィルモアヨーク市長がToyota Motor North Americaのリーダーに加わり、グリーンズボロ-ランドルフのメガサイトを自動車用バッテリー製造工場(ノースカロライナ州トヨタバッテリー製造:TBMNC)として選んだことを発表した。

 工場は北米トヨタ向けの自動車用バッテリーを最初に生産する拠点となる。生産規模は年間120万台で、2025年の稼働開始予定。TBMNCには4つの生産ラインがあり、それぞれが20万台の車両に十分なリチウムイオン電池を供給できる。その後、少なくとも6つの生産ラインに拡大し、合計で年間最大120万台の車両を生産する予定。

 トヨタと豊田通商による12億9000万ドルの投資は、10月18日に以前に発表された約34億ドルの総投資から部分的に賄われており、1,750人の新しいアメリカ人の雇用を創出すると見込まれている。

「モビリティの未来は電化であり、グリーンズボロ-ランドルフメガサイトはその未来を実現するための理想的な場所です」とトヨタモーターノースアメリカのCEOであるテッド・オガワ氏は述べている。
「ノースカロライナ州は、インフラストラクチャ、質の高い教育システム、多様で熟練した労働力へのアクセス、ビジネスを行うための快適な環境など、この投資に適した条件を提供しています。今日は、カーボンニュートラルを達成し、すべての人にモビリティを提供するための旅に出るときに、タールヒール州との相互に有益なパートナーシップの始まりを示しています」

「トヨタバッテリーマニュファクチャリングがノースカロライナを本拠地と呼ぶことを選んだことをうれしく思います」とクーパー知事は言った。
「私たちの州へのこの投資は、私たちの世界クラスの労働力と成長する経済の証です。ノースカロライナはクリーンエネルギーの未来に向けて日々懸命に取り組んでおり、このようなプロジェクトは私たちがそこに到達するのに役立ちます」

 新工場の場所を決定するにあたり、トヨタは再生可能エネルギーの利用可能性と、政府、公益事業、パートナーなどの地元の利害関係者からの支援に関心を持っていた。サイトの候補者はこれらの要件に基づいて絞り込まれ、グリーンズボロ-ランドルフメガサイトはこれらのニーズを満たし、それを上回った。

・ 陸上ロジスティクスのための広範で手入れの行き届いた高速道路システム
・ 4つの国際空港と2つの港
・ オンサイトレール
・ 卓越した多様な労働力
・ 再生可能エネルギーの利用可能性
・ 世界的に有名な教育システム
・ 州レベルと地方レベルの両方での強力な政府パートナーシップ

 さらに、同社は2050年までに車両と運用のカーボンニュートラルに到達するための努力を続けており、トヨタはこの新しい施設で100%再生可能エネルギーを使用してバッテリーを製造することに取り組んでいる。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部