「スタイリッシュか? それともアグレッシブか!?」KUHLが提案する2種類のGR86&BRZ用ボディキットを考察

異なるアプローチで高める躍動感!

純正カラー塗装済み製品も用意

造形自由度の高いバンパースポイラーを採用して、3Dフォルムに拘ったレーシングスタイルを構築する“クールレーシング”。そして、ボリュームを抑えたハーフスポイラーで、日常へスマートに溶け込むアダルトスタイルを引き出す“クルーズ”。

クールが展開する2つのエアロブランドは、コンセプトこそ異なるものの、スポーツカーにとって最大の魅せ場となる躍動感の引き出しは同じベクトルを向いている。

まずはクールレーシングブランドの『03R-GT』だが、前後バンパーに奥行き感のある開口部を備え、アグレッシブさを強く押し出すレーシングスタイルが特徴だ。

フロントバンパー(未塗装:9万3500円/塗装済み:15万9500円)は立体的な開口部のアウトラインを強調するだけでなく、ボディサイドへ繋がっていく面使いやロングノーズ的なラインワークで精悍さを大きく高める。フロントディフューザー(未塗装:6万4900円/塗装済み:10万8900円)は、より攻撃的な雰囲気の演出に一役買っている。

ノーマルと同じように後方を内巻きとするサイドステップ(未塗装:7万5900円/塗装済み:12万5400円)だが、リヤフェンダーへ向けて跳ね上げていくラインへとアレンジすることで個性的なフォルムを実現した。

奥行き感のあるリヤセクションも注目だ。リヤバンパー(未塗装:8万6900円/塗装済み:15万2900円)だけでなく、リヤフローティングディフューザー(未塗装:7万1500円/塗装済み:11万5500円)を組み合わせることで、メリハリの効いたスタイリングとワイド&ローな躍動感を生み出している。

一方、ハーフスポイラーで構成されるクルーズブランドの『KR-ZN8RR』は、ノーマルのフォルムを活かしたスポーティフォルムが特徴的なキットだ。

純正バンパーのボトムをストレッチするようにデザインされたフロントディフューザー(未塗装:6万4900円/塗装済み:10万8900円)は、両サイドを鋭角に立ち上げてアクセントを付け、スピード感を演出する。

ちなみに、純正フロントバンパーの形状が異なるBRZにはBRZ専用のフロントディフューザーも設定。BRZオーナーも安心してインストールすることが可能だ。

フラット基調に繊細なプレスラインを加え、10mm厚ながら存在感を与えるサイドディフューザー(未塗装:8万6900円/塗装済み:13万6400円)。フロント同様に、ステップエンドを鋭角に立ち上げるフォルムだ。

オリジナルエキゾーストシステム(16万1700円)の装着を実現するのは、バンパーカットした開口部をフルカバーするリヤハーフディフューザー(未塗装:6万500円/塗装済み:9万5700円)。リヤフローティングディフューザー(未塗装:8万6900円/塗装済み:13万6400円)とのコンビネーションで、フルバンパーに迫るインパクトを打ち出す。

ダックテール形状のリヤウイング・タイプ2(未塗装:8万6900円/塗装済み:11万9900円)も見逃せない。スポイラー両端に翼端板を設けた造形は独創的の一言だ。

アグレッシブなクールレーシング『V03R-GT』で攻めるか、それともスタイリッシュなクルーズ『KR-ZN8RR』でアダルトスポーティを気取るか…。いずれもGR86の躍動感を大きく高める仕上がりなので、このアイテムチョイスは非常に悩ましいところだ。

●取材協力:クールジャパン TEL:052-693-9893

【関連サイト】
KHUL JAPAN(クール・ジャパン)
https://kuhl-japan.com/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption