東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 3ローターNA化でFD3Sを超ハイレスポンス仕様に!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

3ローターNA化でFD3Sを超ハイレスポンス仕様に!【東京オートサロン2018】

2ローターで足りなきゃ3ローターしかない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロータリーチューンの老舗であるRSパンテーラは3ローターNA仕様のFD3Sを展示!
じつはこのエンジン、RSパンテーラがFD3S用に用意しているチューニングメニューなんだ。3ローター化ってコスモの20Bをメンバー加工して積めば済むって考えがちだけど、そのままじゃFD3S本来の前後重量配分の良さなどが消えて、フロントヘビーなクルマになってしまう。
RSパンテーラは独自のノウハウによってその問題をクリア。エンジン搭載先端部を2ローターの純正位置と同一にすることに成功しているんだよ。
これによってFD3Sのピュアなハンドリング性能をはそのままに、3ローターNA特有のトルクフルでハイレスポンスなスペックに仕上げることができるってわけ!
ちなみに3ローター化の価格は車検対応前提で300万円~とのことだぞ!

とても3ローターユニットが搭載されているとは思えないほどシンプルな外装なんだけど、じつはRSパンテーラのワイドフェンダーが装着されているんだ。ハデな外装が苦手なオーナーむけに製作された隠れた人気製品(5万8000円 )とのこと。フロントに合わせてリヤも他社のフェンダーでワイド化されているぞ。
フロントバンパーもRSパンテーラのオリジナル(7万5000円)だ。

ロータリーに関してならどんなことでも相談にのってくれるそうだからRX-7使いはチェックしておいてちょーだい!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る