東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > 展示車両&パーツ > バリスが展開する“チョップドカーボン”【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/13
  • MotorFan編集部

バリスが展開する“チョップドカーボン”【東京オートサロン2019】

ラッピング? グラインドタトゥ? 大理石??

このエントリーをはてなブックマークに追加
軽量かつ高剛性、無塗装でもスポーティな雰囲気を演出でき、チューニングの世界にすっかり浸透したカーボン製パーツだが、従来品とは見た目の印象が異なるモノをバリスのブースで発見した!

 バリスと言えば、スポーツ系車種に特化したエアロパーツメーカー。そのブースで見つけたレクサスLC500には、『MAGNUM OPUS』ブランドで展開する同社のカーボン製エアロパーツが装着されているが、ちょっと見た目が独特だ。

 というのも、同社が“チョップドカーボン”と呼ぶ、従来の製品にはなかった特殊なカーボン繊維を使っているから。カーボン製品は平織もしくは綾織が一般的だが、LC500に装着されているのは不均等な織り目を持ち、その表面はラッピングのようにもグラインドタトゥのようにも、あるいは大理石のようにも見える。

 そんな“チョップドカーボン”が、ボンネットやフロントリップスポイラー、フロントフェンダー(のエアアウトレット部)などに配されたエクステリアは実に個性的。インパクトの大きさに加え、高級感や上質感も漂わせる新たなカーボンパーツとして注目したい。フルキット価格は275万円(税別)。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る