モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|MotorFan[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > パーツ&アイテム > 目立たない! "インカム一体型ヘルメット"発見! SHOEI×SENAコラボで実現【東京モーターサイクルショー2018】
  • 2018/03/25
  • MotorFan編集部

目立たない! "インカム一体型ヘルメット"発見! SHOEI×SENAコラボで実現【東京モーターサイクルショー2018】

操作も3つのボタンでラクラク!

このエントリーをはてなブックマークに追加
インカムの老舗SENAのブースで見つけたのが、SHOEIのシステムヘルメットNEOTECⅡ専用に開発されたインカムSRL。ヘルメットのデザインを損なうことがない一体感に注目です!(PHOTO&REPORT:石川順一)

SENAのブースなのになぜかSHOEIのヘルメットが目立つ形で展示されていた。よくよく見ると左頬部が少しだけ膨らんでおり、ボタンがついている。
なんとこれはSRLというインカムを内蔵しているのだ。NEOTECⅡ専用に開発されているので、これだけ一体感のある形が実現できたというわけだ。

コンパクトなので機能も制限されている ……ということも一切なく、同社のフラッグシップモデルに劣らないほど充実ぶり。Blutoothを2基搭載することで最大8人のインターコムが可能でスマホとの連動機能もあり、マップ案内や音楽を聴くことができる。

スマホの音声を聞いているときに、インターコムの会話が途中から割り込んできた場合も自然にスマホ側から聞こえる音がフェードするので、会話を妨げることがないという。もちろん、会話が終わった後はスマホ側の音が戻るようになっている。

バッテリーはヘルメット後部に配置。こちらも注意しなければ、気づかないほど自然な形に落とし込んでいる。

操作はヘルメットサイド下の3つのボタンで行う。1回押しや2回押しで違う操作が対応しているので、少ないボタンでも多様な機能が使用できる。

SENAのブースは西3・4の3-21番。そのほかのラインナップも揃っている上に、いずれもインカムの体験ができる。訪れて購入の参考にしてみては。

SENA SRL
予価:33,400円
近日発売予定

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る