MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

回頭性

【turn-in ability】

このエントリーをはてなブックマークに追加
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、ほぼヨーレートやヨー角加速度が該当する。回頭性がよいと、きびきびした動きでスポーティな感じになるが、反面、落ち着きがなく不安定感が増す傾向になる。操縦安定性のフィーリング評価では、方向転換の速さに加え、ノーズから旋回に入っていく感じか、テールが滑るからか、その移行はスムーズか、などが注目される。ステア特性、ヨー慣性モーメント、タイヤのコーナリングパワー、オーバーオールステアリングレシオなどの影響が大きい。ミッドシップ車の多くは、重量ユニットをクルマの中央部に集めてヨー慣性モーメントを低減し、回頭性を向上することを目的につくられている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る