これぞ正統派モーターサイクルだ! トライアンフ・ストリートツインに試乗

トライアンフ・ストリートツイン
トライアンフブランドの主カテゴリーと言えるモダン・クラシック。伝統的なバーチカルツインエンジンを搭載、懐かしさを漂わすデザインセンスを披露し、今や10機種ものバリエーション展開を誇っている。その中で最も親しみやすい価格でリリースされているのが、このSTREET TWINである。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●徳永 茂(TOKUNAGA Shigeru)
取材協力●トライアンフ モーターサイクル ジャパン

※2020年9月10日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

ディテール解説

トライアンフ・ストリートツイン
ヘッドランプハウスはブラックアウトされた丸型を採用、シングルメーターと共にシンプルで普通なデザインに仕上げられている。ヘッドランプは60/55WのH4ハロゲンランプを使用。ウインカーは10Wバルブだ。
トライアンフ・ストリートツイン
18インチのキャストホイールには110/90サイズのピレリ製ファントム・スポーツコンプを履く。インナーチューブがラバーブーツでカバーされたフロントフォークはφ41mmの正立式KYB製。フローティングマウントされたφ310mmのシングルローターにはブレンボ製対向4ピストン油圧キャリパーを採用。
トライアンフ・ストリートツイン
空冷の様な冷却フィンがデザインされているバーチカルツインエンジンはショートストロークタイプの水冷SOHC8バルブ。クランクは位相された270°タイプが採用されている。
トライアンフ・ストリートツイン
スタンダードスポーツに相応しい左右にセパレートされたツインマフラーを装備。エキゾーストパイプはクレードルに添わせてスマートに導かれ、マフラーは軽く跳ねあげられてフィニッシュする。
トライアンフ・ストリートツイン
スチール製角パイプのスイングアームに、KYB製ツインショックを合わせたオーソドックスなリヤサスペンション。黒いコイルスプリングはダブルピッチタイプを採用。
トライアンフ・ストリートツイン
リヤブレーキはφ255mmのシングルディスクローターにNISSIN製2ピストンのピンスライド式油圧キャリパーを装備。ピレリ製ファントム・スポーツコンプのラジアルタイヤを履く。
トライアンフ・ストリートツイン
トライアンフ・ストリートツイン
扱いやすいハンドル左側スイッチ。ベストポジションにある赤いスイッチはホーンボタン。上はプッシュキャンセル式ウインカースイッチ。さらに上の丸いiスイッチはスクロールボタンで、メーター内の液晶表示をコントロールできる。右の丸スイッチはMODEボタンで、ロードとレインのライディングモード切り替え用。ディマースイッチは人差し指で扱う。
トライアンフ・ストリートツイン
ハンドル右側は赤いスイッチが二つ。シーソー式スイッチはエンジンキルスイッチと始動用のセルスタータースイッチを兼ねている。下の三角ボタンはハザードランプ点灯用スイッチだ。
トライアンフ・ストリートツイン
シンプルで見やすいシングルメーターだが、表示内容はなかなか豊富。200km/hスケールの速度計はアナログ式。タコメーターは液晶デジタル表示される。燃料計の上方にはギヤポジションインジケーターも装備。ライディングモードは文字表記される。
トライアンフ・ストリートツイン
一体式のダブルシートはクッション厚がやや薄いように見えるが、ステッチがあしらわれたスエード調表皮の採用等、なかなか上質な仕上がりを披露している。
トライアンフ・ストリートツイン
車体左側、サイドカバー後方のキーロックを解錠するとシートは簡単に脱着できる。ほぼストレートに伸びるシートレール。バッテリー他の電装部品が納められている。
トライアンフ・ストリートツイン
シートエンドとショートフェンダーを組み合わせたリヤビュー。テール/ストップランプはLED式だが、クリアレンズのウインカーには10Wのオレンジバルブが使用されている。
トライアンフ・ストリートツイン
ツインエンジン車スポーツモデルとしていかにもオーソドックスなフォルムである。

主要諸元

エンジンタイプ:水冷並列2気筒SOHC 8バルブ 270°クランク
排気量:900cc
ボア・ストローク:84.6×80mm
圧縮比:11.0:1
最高出力:65PS(47.8kW)/7500rpm
最大トルク:80Nm/3800rpm
吸気システム:ライドバイワイヤ、マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
排気システム:2-INTO-2 エグゾーストシステム(ブラシ仕上げ)
駆動方式:Oリングチェーン
クラッチ:湿式多板式アシスト付
トランスミッション:5速
一次減速比:1,257(93/74)
二次減速比:2,412(41/17)
ギヤ比:
1速:3.500(49/14)
2速:2.500(45/18)
3速:1.850(37/20)
4速:1.480(37/25)
5速:1.296(35/27)

フレーム:鋼管製クレードル
スイングアーム:鋼管製両持ちタイプ
ホイール(前/後):鋳造アルミ合金、マルチスポーク、18x2.75インチ / 鋳造アルミ合金、マルチスポーク、17x4.25インチ
タイヤ(前/後):100/90-18 / 150/70R-17
サスペンション(前/後): KYB製φ41mmフォーク/ KYB製ツインショック、プリロード調整機能
ホイールトラベル(前/後):120mm / 120mm
ブレーキ(前/後):φ 310mmシングルフローティングディスク、Brembo製対向4ピストンキャリパー、ABS / φ255mmシングルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS

全幅:785mm
全高:1114mm (除くミラー)
シート高:760mm
ホイールベース:1415mm
キャスター:25.1 º
トレール:102,4mm
車両重量(乾燥):210kg(198Kg)
燃料タンク容量:12.0L

試乗後の一言!

トライアンフ・ストリートツイン
車格とパフォーマンス、心身に馴染むそのフィット感が素晴らしい。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…