「パワフルすぎて!」ヤマハYZ250F試乗|勝てるマシンとして歩みを止めない4ストモトクロッサー!

現在の全日本モトクロスでは、IA2クラスなどでは4スト250ccマシンが主力となっている。そのクラスのヤマハマシンがこのYZ250Fとなり、勝つための進化は止まらない。そんな戦闘力ピカイチのマシンに試乗した。


REPORT●村岡 力
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ヤマハ・YZ250F……913,000円~

ヤマハ・YZ250F
素晴らしいポテンシャル。パワフル過ぎて全開に出来る時間はほんの少しでした。
ヤマハ・YZ250F
ニューデザインのYZ、非常にシャープな感じでカッコ良い!
ヤマハ・YZ250F
後傾シリンダー前方吸気後方排気。YZだけの特徴となる。
ヤマハ・YZ250F
凝縮された車体は戦闘力の高さを表している。
ヤマハ・YZ250F
シート高は970mmと2ストYZより1cm低い。しかし、乗るとその差は無く足つきはツンツンです。
ヤマハ・YZ250F
ポジションは至極自然なもの。力まないで済むポジションだしアクションは大きく取れる。余談ですが、ウエアーもヘルメットも凄く古い物です。なんか古いウエアなどは人気あるらしいですが、ホントかいな?

 4ストDOHC4バルブ、後傾シリンダーに前方インジェクション吸気、後方排気という珍しいレイアウトを採用。今やモトクロッサーでも常識となるセル始動。ミッションは5速とした。
 21年モデルから大きく変わっているのは、リヤホイールのスポーク交差レイアウトへの変更だ。今までの2クロスから3クロスへとなった。ハブ内で1箇所、ハブとリム間で2箇所の交差となった。つまりスポークの角度が寝たと言えば分かってもらえるかと思うが、これによってバンプの衝撃を吸収しながら、良好なトラクションを確保するものだ。高い路面追従性となったということ。
 また軽量ドリブンスプロケットの採用で42g、軽量ハブの採用で65g、軽量チェーンの採用で78gの軽量化を達成している。さらにワイドリム(2.15)とダンロップタイヤ(幅110)も採用した。
 エンジンの変更点は、吸気ポートの容量を拡大、エアクリーナーボックスにダクトを追加し、中高回転域の出力向上。排気カムシャフトのリフト量とワークアングルを最適化し、低中速回転域のコントロール性を向上した。
 フロントブレーキはキャリパーピストン径をφ22.65からφ25.4へ大型化し、さらに強力な制動力を確保している。シート高は970mm、車重は106kg、最低地上高は335mmとなっている。

ヤマハ・YZ250F
スポーツランドSUGOの大坂ですが、何の抵抗も無く加速しながら登ってしまう。当たり前ですが、素晴らしいエンジンです。

 2ストYZより僅かに低いシート高だが、跨るとその差は無いに等しい。セル一発で始動するエンジンは、レーシングすると素晴らしいレスポンスだ。走り始めるとサスはやはり硬め。ゴツゴツした感覚がありありだが、速度が乗って来るとしっかり衝撃を吸収し踏ん張ってくれているのが分かる。と言っても私のレベルではサスペンション性能の半分も使えているのかという感じ。
 とにかく凄いのはエンジンのレスポンスとパワー。2スト250のYZも凄まじかったが、この4ストもアクセルを開けると瞬時に、そして一気に回転が上昇する。本当に構えていないとすぐに体が遅れてフロントが浮いて来るか暴れてしまうのだ。
 慣れているライダーにはこれが当たり前なのだろうと思うが、びっくりするパワフルさ。比較的低回転から十分なトルクも出ているし、高回転もこれでもかと伸びて行く。そんなエンジンなので私はほんの少ししか全開には出来ませんでした。ただしフレームはがっしりしているし、サスは硬めで全体とししてかっちり。操縦性はナチュラルだけどシャープに曲がってくれる。
 クラッチはワイヤー作動で軽くて、切れも繋がりも文句無し。今時のライディングはクラッチを多用するのだろうか?私はそんなテクニックは無いので普通に使っただけだが、扱いやすいと感じた。
 ミッションの入りは良くチェンジ操作もやり易く、またブーツの邪魔にならないチェンジペダルもグッドだった。
 リヤホイールのリムがワイドになりタイヤ幅も広くなったのだが、そもそも19インチということもあり走破性は高くグリップも良かった。今回の路面はマディからドライまで全部揃っていたけど、どの路面でも何も不満は感じない。
 ブレーキは強力であり、握り具合に応じて効きのコントロールはしやすい。おそらくもっと速い速度でのレースでは不足があって、今回の改良に繋がったのだろう。私のレベルでは思い切り握るなんてことなく速度は落とせました。
 
 正直なところ、走らせて感触を掴むのに必死で、細かいインプレまでは難しかったです。いやそれほど爆発的な走行性能を持っているってことです。正直何も不満は無いどころか、こんなに性能が高いのか!とびっくりするやら感激するやらでしたから。
 余り突っ込んだインプレッションにはなりませんでしたけど、とにかく素晴らしい戦闘力を持っているYZ250Fです。それだけに余りモトクロッサーに乗り慣れていないライダーにはおすすめできないほどです。ある程度乗れるライダーや、現役で勝ちに行くライダーには超おすすめですが。

ヤマハ・YZ250F
低速では硬い印象ですが、速度が上がるに連れて良く動く感触となるサスペンションです。

ディテール解説

ヤマハ・YZ250F
250ccとしては太いエキゾーストで、一見前から出ているようだが、シリンダーをぐるりと1周している。
ヤマハ・YZ250F
後方排気のエキゾーストは太めだが、シリンダーを1周して長さを確保し、低回転から高回転までバランスの良い特性となっている。
ヤマハ・YZ250F
頑強なアルミ製セミダブルクレードルフレーム。高い走破性を発揮するパーツのひとつである。
ヤマハ・YZ250F
背面バルブにリーフスプリングを採用し、オイル量を減らしたフロントフォーク。車体の安定性が向上した。
ヤマハ・YZ250F
今やモトクロッサーの後輪は19インチが常識となる。
ヤマハ・YZ250F
スイングアームも勿論アルミ製。どんな衝撃にも耐えるし軽量でもある。
ヤマハ・YZ250F
ボトムリンクのリヤサスペンション。ユニットは減衰特性を最適化させ操縦性や安定性を向上させた。
ヤマハ・YZ250F
4ストYZは噴射や点火などのマッピングモード切り替えが可能で、このモードスイッチで行う。

所要諸元

YZ250F 
車体打刻型式/原動機打刻型式:CG40C/G3L4E 
全長/全幅/全高:2,175mm/825mm/1,285mm 
シート高:970mm
軸間距離:1,475mm 
最低地上高:335mm 
車両重量:106kg 
原動機種類:水冷, 4ストローク, DOHC, 4バルブ 
気筒数配列:単気筒
総排気量:249㎤
内径×行程:77.0mm×53.6mm 
圧縮比:13.8:1 
始動方式:セルフ式 
潤滑方式:ウェットサンプ 
エンジンオイル容量:0.95L 
トランスミッションオイル量:- 
オイルタンク容量:- 
燃料タンク容量:6.2L(無鉛プレミアムガソリン指定) 
吸気・燃料装置/燃料供給方式:フューエルインジェクション方式        
TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式:- 
1次減速比/2次減速比:3.352/3.846 
クラッチ形式:湿式, 多板 
変速装置/変速方式:常時噛合式5速/リターン式 
変速比:        
 1速:2.142 
 2速:1.750 
 3速:1.444 
 4速:1.222 
 5速:1.041 
フレーム形式:セミダブルクレードル 
キャスター/トレール:26° 50′/119mm 
タイヤサイズ(前/後):80/100-21 51M(チューブタイプ)/110/90-19 62M(チューブタイプ)
制動装置形式(前/後):油圧式シングルディスクブレーキ/ 油圧式シングルディスクブレーキ 
懸架方式(前/後):テレスコピック/スイングアーム(リンク式) 
乗車定員:1名

著者プロフィール

村岡 力 近影

村岡 力

1956年生。

70年代スタントマンから雑誌業界へ入り、ずっとフリーランスのライター&カメラマン。2輪…