【動画モトチャンプTV】どこにも隙なし!! ホンダPCX VS ライバル対決 前編|マジェスティS・NMAX155・ADV150

ユーチューブでの無料配信が好評を博しているモトチャンプTV。なかでも最新情報をお届けする動画は毎回注目度の高さも抜群だ。今回は2021年に発売された新型ホンダPCXをライバル車との比較をしている動画をダイジェストで紹介しよう。

2021年にモデルチェンジを果たしたホンダPCXは、どこにも隙がないという評価を得るほど抜群の完成度を誇るニューモデル。購入を検討しているユーザーも多いだろう、今最も注目の150ccクラスのスクーターだ。ただ、どれだけ完成度が高くてもライバルとの比較は気になるところ。実際見て乗るとどう感じるのだろうか。そんな疑問に応えてくれるのがモトチャンプTVだ。YouTubeで無料配信されているので、まだの人はぜひチャンネル登録してほしい。新型車情報だけでなくパーツレビューやカスタムマシン紹介まで、モトチャンプの魅力がそのまま動画で味わえる。今回はその中から新型PCXをライバルとの徹底比較から探っている動画「新型PCX VS ライバル対決前編」を紹介しよう。

ヤマハ・マジェスティSと比較

ヤマハ・マジェスティSのスペック。

150ccクラスのスクーターとしては不動の地位を築いたともいえるヤマハ・マジェスティS。新型PCXとどれくらい違うのか、まずはスペックから見てみよう。今回紹介する4台では最も安価な価格だが、設計されたのも古いモデル。いわばこのクラスのスタンダードとも言える存在だろう。

メーターまわり。
足つきチェック。
シート下容量チェック。

動画では一番初めに紹介されているマジェスティS。スペックだけでなくタコメーターを装備するアナログメーターの様子や足つき、シート下容量などをチェックしている。足つき性は身長170センチの編集部サンタサンが担当して不安のなさを確認。シート下にはフルフェイスのヘルメットを実際に収納して確認している。そのほかポケットの容量や給油口の使い勝手などもチェックしている。

ヤマハNMAX155と比較

ヤマハNMAX155のスペック。

続いて登場するのはヤマハNMAX155。原付2種の125と兄弟車であることからもわかるように、街乗りでの利便性と150ccクラスのパワーを兼ね備えるスポーティさが人気のモデルだ。マジェスティSより設計が新しいだけに少々高い価格設定になっているが、このクラスではお買い得感があるといえるだろう。

足つきチェック。
シート下容量チェック。
メーターまわり。

NMAX155でもマジェスティ同様のチェックをしている。順番は前後しているが足つき性は編集部サンタサンが担当して不安のないことを確認しつつ、ステップボードの前が広いことを絶賛。シート下もフルフェイスを逆さにして収納可能であることを確認。デジタルメーターはスポーツモデルなのに燃費計算が可能であることを紹介している。

ホンダADV150と比較

ホンダADV150のスペック。

続いてはアドベンチャーモチーフのスタイルで話題を集めるホンダADV150が登場。スクーターでも悪路走破性の高さを備え、カッコだけのモデルではないことが人気の理由。今回比較した4車のなかで最も高価な価格設定になっているが、それだけの価値あるプレミアムなスタイル・走行性能といえるだろう。

足つきチェック。
シート下容量チェック。
メーターまわり。

ADV150でも同じ内容のチェックを実施している。まず足つき性でアドベンチャースタイルゆえに悪そうなイメージだが、フロアボードの両サイドが絞られているため実際にはそれほど不安感がないことを確認。シートの持ち上げ方に特徴があるADV150なので、実際にどう操作するかを動画ならではの親切さで紹介。フルフェイスヘルメットは若干シートベースに当たってしまうが、閉まらないことはなかった。またデジタルメーターはインジケーターが別パネルになっているため、差別化がうれしい。

PCX160をチェック

ホンダPCX160のスペック。

最後に今回の主役であるホンダPCX160が登場する。高い評価を得ていた従来型からのモデルチェンジなだけに、どう進化したのか気になる人も多いことだろう。実際に乗ると誰もが唸る完成度の高さで、動画の中でも万人にオススメできると太鼓判を押している。また排気量が最も大きいため最高出力が最も高い数値になっているものの、ヤマハ2車との価格差は大きくない。

足つきチェック。
シート下容量チェック。
メーターまわり。

前3車とまったく同じ手法で比較チェックをしている。足つき性は良くホンダ車らしくシートは硬めの印象とのこと。またキーレスを採用しているのでシートの上げ方もADV150同様。フルフェイスを収納しての開閉にもまったく問題はないことを確認できた。オープニングが魅力的なデジタルメーターは視認性が高く編集長のチャボも高評価。さらにポケットや給油口の使い勝手もしっかりチェックしている。

モトチャンプ2021年4月号で詳細をレポートしている。

4台を続けてみてくると、いかに新型PCXの完成度が高いかを確認できるが、同時にライバルの魅力もしっかりと伝わってくる。そこで気になるのが走りの比較。今回の動画ではスペックや使い勝手だけだが、後編では走行チェックもしているから見逃せない!

著者プロフィール

増田満 近影

増田満

小学生時代にスーパーカーブームが巻き起こり後楽園球場へ足を運んだ世代。大学卒業後は自動車雑誌編集部…