ハーレーのNEWモデル・スポーツスターS|新世代の水冷DOHCエンジン搭載

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社は2021年7月14日(水)より、新世代のスポーツモデル「スポーツスターS 」の国内予約販売を全国の正規ディーラーで開始。新しくなったスポーツスターS は、水冷4ストDOHC 4バルブ(吸排気可変バルブ機構付き)V型2気筒の「Revolution Max(レボリューションマックス)」エンジンを搭載。価格は185万8000円(消費税10%込)~。スポーツスターSは米国で生産され、各国へ出荷。日本では2021年秋より順次デリバリー予定。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

 1957年に誕生した、ハーレーダビッドソン伝統の人気モデル・スポーツスターシリーズ。2021年7月13日、まったく新しくなった新世代のスポーツスターSが、オンラインで世界初公開された。国内では2021年7月14日(水)より、全国の正規ディーラーで予約が開始された。

 今回発表された、NEWモデルのスポーツスターSは、車体やエンジンなど、各部を完全新設計。空冷エンジンを搭載した現行モデルのスポーツスターとは、大幅に異なる仕様に仕上がっている。

 もっとも注目すべきは、水冷4ストロークDOHC 4バルブ(吸排気可変バルブ機構付き)V型60度2気筒の1252ccエンジン。「Revolution Max(レボリューションマックス)1250T」と呼ばれる、最新のエンジンを搭載しているのがポイントだ。

 新世代のエンジン「Revolution Max(レボリューションマックス)」は、2021年春にリリースされたアドベンチャーモデル「パン アメリカ」より導入を開始。スポーツスターSに搭載の「レボリューションマックス1250T」は、1252ccという排気量はそのままに、ピストンや吸気系の形状を変更することで、低中回転域でのトルクをアップ。3000~6000回転で、最大10%のトルクアップを実現しているの。

 現行モデルの空冷Vツインエンジンよりも、軽量な水冷Vツインのレボリューションマックス1250Tエンジンは、1252ccのハイパワーとパワートレインの軽量化を両立。最大許容回転数9,500rpm、最大トルクは125Nm、圧縮比は高めの12:1に設定。

 フロントフレーム、ミッドフレーム、テールセクションの3つの要素は、パワートレインに直接ボルトで固定。これにより、現行モデルよりも大幅な軽量化を実現(車体重量228kg)。従来のフレームを排除しながらも、剛性の高いシャシーを実現して、加速、ハンドリング、ブレーキ特性を向上させている。

レボリューションマックス1250Tエンジンは、各部にチョコレートサテン仕上げの軽量マグネシウム製エンジンカバーを採用。

 シート高は低めの755㎜に設定し、“ハーレーならではの”ローポジションを獲得。17インチタイヤを採用したフロント周りは、フェンダーを省いたクラシックなスタイルのボバーカスタムをイメージ。

 リアタイヤは、フロントよりも1サイズ小径の16インチに設定。テールセクション、ハイマウント型のアップマフラー、スリムなソロシート、フルLEDのオーバルヘッドランプ、バーエンドミラー等の採用により、都会的でパワフルなスタイリングを強調しているのもポイントだ。

 スポーツスターSは、イマドキのスポーツモデルに相応しい、5つのライドモード(スポーツ、ロード、レイン、カスタム2種)を装備。また、クルーズコントロール機能、Bluetooth接続によるスマートフォンやヘッドセット等の連携も可能。

 コーナリングトラクションコントロールシステム(C-TCS)や、コーナリングABS(C-ABS)等の安全機構、キーレスイグニッション&セキュリティイモビライザーも標準装備。「究極のスポーツスター」に相応しい、最新の電子制御システムが惜しみなく導入されている。

高機能な4インチ丸型TFTディスプレイ

 スポーツスターSには、スピードメーター、タコメーター、燃料計など、主要メーター機能とインフォテインメント機能を集約した、4インチ丸型TFTスクリーンを搭載。左右のグリップ横に設置されたハンドルコントローラーを通じ、操作可能なこのディスプレイは、無反射ガラスカバーを採用。様々な照明条件で、見やすく設計されているのが特徴。

 また、タイヤの空気圧、エンジンの温度と油圧、バッテリー電圧などの数値を電子制御することにより、複数の走行モードが選択可能。ダイレクトで直感的なパフォーマンスライディングを実現する「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」に加え、ライダー自身が自分好みにアレンジ可能な「カスタムモード」も2つ登録することができる。

電子制御システムも豊富!安全性を大幅に向上

 スポーツスターSは、6軸の慣性計測ユニット(IMU)を搭載し、走行時のリーンアングルを自動計測。コンピュータを駆使した下記の電子制御により、ライダーの安全を徹底サポートしている。

 緊急ブレーキ時のコントロールを支援するコーナリングABS (C-ABS)。雨天時など、加速時に後輪が過度に空転するのを防ぐコーナリングトラクションコントロールシステム(C-TCS。停車時にオフを選択することも可)。過度のエンジンブレーキによる後輪スリップを抑制する、コーナリングエンハンストドラッグトルクスリップコントロールシステム(C-DSCS)等により、安全性を大幅に向上。

※注:上記写真はすべて日本仕様車のプロトタイプ

日本仕様車のカラーは3色

ビビットブラック
ミッドナイトクリムゾン
ストーンウォッシュホワイトパール

足着き性をチェック(ライダー身長180cm)

写真は日本仕様車のプロトタイプ

足着き性をチェック(ライダー身長156cm)

スポーツスターSの各部をチェック

ハーレーダビッドソン スポーツスターS 主要諸元

全長:2,270mm
ホイールベース:1,520mm
シート高(*無負荷状態):755mm
車両重量:228kg
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量:1252cc
圧縮比:12.1
最高出力:-
最大トルク:12.7kg-m/6000rpm
レーク・トレール:30°148mm
フューエルタンク容量:11.8L
フロントタイヤ:160/70TR17 73V
リアタイヤ:180/70R16 77V
フロント・リアブレーキ:シングル・シングル

動画でスポーツスターSを見る

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭