「3秒で冷却」は本当?|Amazonでネッククーラーを購入。のアルミプレート冷却タイプを試してみた。【猛暑とバイク】

国内では夏の気温上昇にともない、ネッククーラーが流行。バイクでの走行時、このネッククーラーを使えば、少しは快適に走行できるのではないか? 前回はAmazonのレビューで高評価の「首掛け扇風機」を使ったが、残念ながら涼しさを獲得することなく見事に玉砕。そこで今回、再びAmazonでレビュー評価の高かった、“空冷ではなく部分的に冷やす”ネッククーラーを使い、バイク走行時の快適性を追求。首掛け扇風機と同様、ギンギラギンの太陽が容赦なく照り付ける7月某日、さらなる期待を抱き、外気温36℃(気象庁発表)の真夏の屋外で、大汗をブルブルかきながら実験してみた。
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

前回は連日35℃以上の高温が続く日本の夏を凌ぐべく、最新設計の首掛け扇風機を使って実験を遂行。しかし……残念ながら、バイクでの走行時は、今ひとつ快適性を体感できなかった。詳しくは下記をチェック。

そこで今回、ショッピングサイトのAmazonで新たに発見した、前回の扇風機式とは異なる「首の左右を部分的に冷やす」首掛け式ネッククーラーを自腹で購入し、テストを実施。首掛け扇風機と同様、Amazonのレビュー評価が比較的高かったこの商品。果たしてその冷却能力は?

【実験データ】
・テスト日:2022年7月20日(水)の日中
・場所:東京都江東区
・当日の天気:晴れ時々くもり
・最高気温(気象庁発表):36℃
・テスト環境:アスファルトの照り返しが物凄い。日なたの実測温度は40℃超
・体感温度:とにかく朝から蒸し暑い。日中は頻繁に水分を補給し、時々日陰で休憩しないと、熱中症になりそうな身体に堪える厳しい暑さである

Yihai・ネッククーラー・ネックヒーター……2880円(購入価格)

商品パッケージ。
本体の重量は226gの超軽量。

国内では各社から発売中の、首掛け式ネッククーラー。上記の空冷式の送風機ファン型とは異なり、首に直接接触するアルミプレート(内側のシルバーの部分)が冷たくなるのが特徴。

この商品は、冷房モードに加え、冬に重宝する過熱モード機能(3段階調整可能)も装備済み。「H」ボタンを押すと、加熱モード(約39℃/42℃/45℃)の調節が可能だ。

冷房モードは「C」ボタンを押すと、3段階(約25℃/20℃/15℃)の調整OK。本体の重量は226gの超軽量なので、首への負担も大幅に軽減してくれる。

バッテリーは2600mAhの大容量を内蔵しており、2~6時間の連続使用も可能。充電式のため、家庭用コンセントがない場所でも、モバイルバッテリーやパソコンのUSBポートに繋げば充電できる。

冷却部分には、RGBライト機能も装備。接触部分の温度により、赤(高温)・緑(中温)・青(低音)にカラーチェンジするなど、ユニークで美しいビジュアル機能も導入済み。

首に直接接触するアルミプレート部分が冷たくなる。強にすると結露し、水滴がつくほど。作動時は内蔵の電動モーターも作動する。
首への接触部は冷房モード(3段階調整可能)に加え、冬に重宝する過熱モード(3段階調整可能)も兼用。
後頭部の接触部は、肌に優しいシリコン素材を採用。
各種スイッチ部分。Hは過熱モード(3段階調整可能)、まん中はON/OFF、Cは冷房モード(3段階調整可能)。
Type-C USB充電式を採用。家庭用コンセント、モバイルバッテリー、パソコンのUSBポートで充電可能。
内側の首接触部には温度センサーが内蔵されており、外側に接触部の温度を表示。写真はスイッチをオンにした瞬間の冷却プレートの温度。外気温よりは低めの31℃と表示された。
3秒とはいかないが、電源オンから30秒もあればで冷却プレートは20℃以下まで冷えた。
バッテリー残量を%で表示。

「ネッククーラー」の快適指数

バイク乗車時 ☆☆

信号待ち時 ☆☆☆

冷房の効いた室内 ☆☆☆☆☆

ネッククーラーを首に掛けてバイクに乗車。

自分の汗が冷却の邪魔をする!?

首の左右部に設置された金属部が冷えるシステムのネッククーラー。灼熱の中、3段階調整システムでもっとも冷える15℃に設定し、首に掛けてみたところ……。確かに最初は冷たさが感じられる。

しかし1分も経過すると、冷却部分が汗でヌルヌルし、体温と汗で熱せられるように、冷たさが遠ざかっていく。常に高温の状態にある体温・汗・外気温に対し、冷却機能が追従していないイメージだ。

ネッククーラーを首に掛けたまま走行してみても、残念ながら、「冷たくて快適」という感覚には遠い。バイクを降り、しばし日陰で身体を冷やしてみると、汗が引いて体温が低下するせいか、走行時よりも若干の冷たさが感じられる。

ネッククーラーが本領を発揮するのは、外気温が下がった早朝や日没後に加え、冷房の効いた室内や車内。特に冷房の効いた室内や車内では、首周りを伝って全身の快適性が大幅に向上。下記の首掛け扇風機を凌ぐ、冷却効果をもたらしてくれた。

なお、同品を動作させると、冷房モード&加熱モードともに、内蔵の電動モーターが作動する。電動モーターの稼働音は25dbで、耳障りのない微温(感じ方は個人差による)。仮に満員の電車内やバス内で起動させても、周囲に迷惑の掛からない静かなものだと感じた。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭