レッグシールドをFRP作成でコンパクト化したアウトドアや釣りに最適なフィッシャーカブ【HCS】

2022年12月4日(日)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された日本最大級のカスタムカー&カスタムバイクイベント「ヨコハマ・ホットロッド・カスタムショー(HCS)」。第30回を迎える同イベントには、ビルダーたちが手掛けたハイレベルな作品が集結。ここではペイントショップのハゼファクトリーが製作した、釣りも楽しめるアウトドア仕様のホンダ・リトルカブカスタムをご紹介しよう。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
ハゼファクトリー http://www.hazefac.com/
イベント主催:ムーンアイズ https://www.mooneyes.co.jp/

ベース車両:ホンダ リトルカブ 製作:ハゼファクトリー

レッグシールドはFRPでワンオフ製作。ノーマルよりもサイズダウンしてコンパクト感をアピール。
フェンダーの溶接跡をパテ埋めするなど、細部まで丁寧に仕上げられている。
幅広のバーハンドル、横長のヘッドランプ、コンパクトなミニキャリアでフロントマスクを大幅にイメチェン。
リトルカブ★カスタム フィッシャーカブ

ペイントショップ「ハゼファクトリー」が手掛けた、ホンダ・リトルカブベースの「フィッシャーカブ」。2021年はチョッパー風で出展したが、2022年はアウトドアテイストを盛り込んだ、オフ系のフォルムにカスタマイズ。

エンジンはノーマルだが、お魚をイメージさせる!? スクランブラー風のアップマフラーでワイルド感を演出。前後の足周りもノーマルだが、ホイールとドラムブレーキ周りをイエローの蛍光色にペイントしてポップで軽快な足下にアレンジ。

カブの代名詞ともいえるレッグシールドは、FRPでワンオフ製作。ノーマルよりもサイズダウンして、コンパクト感をアピールしているのがポイントだ。レッグシールドには、ルアーの有名ブランド「ゲーリーヤマモト」のロゴを配置するなど、フィッシャーカブに相応しいアクセントも盛り込まれている。

ヘッドライトはカブカスタムとしては珍しい、横長タイプをショート型フロントフェンダーの上に配置。釣竿ホルダー、バーハンドル化、バーエンドミラー、カスタムシート、ミニリアキャリアなど、こだわりのアイテムが盛りだくさん。

フロントに釣竿ホルダーを設置して釣り時の移動を実現。
前後タイヤは3.00-14サイズのブロックパターンを装着してアウトドア感をアップ。
スクランブラー風のアップマフラーやペダル風キックアームでレトロな雰囲気を演出。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭