「カウンタック LP500:ザ・シェイクダウン」で走行シーンを公開

再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」、サーキットでシェイクダウン!

ポロストリコで再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」が、ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットでシェイクダウンイベントを開催した。
再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」がシェイクダウンイベントに登場。
ランボルギーニのヒストリック部門・ポロストリコによって再製作されたカウンタック LP500が、ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットで開催された「カウンタック LP500:ザ・シェイクダウン(Countach LP 500: The Shakedown)」に登場し、走行シーンを披露した。

Lamborghini Countach LP500

オーナーやサプライヤーの前で走行シーンを披露

ポロストリコで再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」が、ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットでシェイクダウンイベントを開催した。
コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステでの初お披露目に続き、ピレリをはじめとする製作に協力したサプライヤーを招いてシェイクダウンイベントが開催された。

ポロストリコで再製作されたカウンタック LP500は、イタリア・コモ湖で開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ(Concorso d’Eleganza Villa d’Este)」で初公開。今回行われた「カウンタック LP500:ザ・シェイクダウン」には、LP500をオーダーしたコレクターや製作に参加したサプライヤーが招待された。

ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットがイベントの場に選ばれたのは、ヴィラ・デステでの初公開を前にカウタック LP500のシェイクダウンを行った場所だからだという。LP500の再製作においても、ヒストリックカーのレストアを行った後、オーナーへと返却する前に行われる検証テストと同じプロセスが踏まれた。

サンタアガタのミュージアムで一般公開中

ポロストリコで再製作された「ランボルギーニ カウンタック LP500」が、ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットでシェイクダウンイベントを開催した。
ヴィッツォラ・ティチーノ・サーキットでのシェイクダウンイベントを終え、ランボルギーニ LP500はサンタアガタ・ボロネーゼの「MUDETECミュージアム」で展示中だ。

今回のシェイクダウンイベントでは、カウンタック LP500がサーキットを数周し、そのエキゾーストノートをゲストの前で響かせている。ポロストリコの責任者を務めるジュリアーノ・カッサートロは今回のイベントについて、次のようにコメントした。

「カウンタック LP500は、その美しさだけでなく、機能性も兼ね備えていることが、テストやサーキットでのシェイクダウンで確認されました。また、標準のLP400に比べてタイヤサイズを大きくしたことで(フロント40mm・リヤ50mm拡大)、魅力的で均整のとれた美しさを得ました。デビューから半世紀を経てもなお、モダンな雰囲気を醸し出しています」

「今回、お客様と一緒に、クルマの完成を祝うことが重要だと考えました。また、このクルマの製作に多くの時間を費やしたサプライヤーの皆さんと、実際に動いているカウンタック LP500を見て興奮を共有することも重要だと考えました」

カウンタック LP500は11月15日まで、サンタアガタ・ボロネーゼの「MUDETEC ミュージアム」で展示中。このほかにもカウンタック LP400、5000 クアトロヴァルヴォーレのチューブラーシャシーなども公開されている。

合わせて読みたい
ランボルギーニ カウンタック LP500、のべ2万5000時間に及ぶ再製作プロジェクトが完了
ランボルギーニ、幻として語り継がれる「最初のカウンタック LP500」を完全に再現! 【動画】

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部