F8 トリブートベースの特製2シーターベルリネッタ「SP48 ウニカ」発表

世界に1台だけのフェラーリ! 最新ワンオフモデル「SP48 ウニカ」に迫る

フェラーリのワンオフモデル、SP48 ウニカ。フロントビュー
フェラーリが2022年5月5日に公開した最新のワンオフモデル、SP48 ウニカ。ベースとなっているのはV8ツインターボを搭載するF8 トリブート。
フェラーリは2022年5月5日、最新のワンオフモデル「SP48 ウニカ(Unica)」を公開した。F8 トリブートをベースにした2シーターのベルリネッタは、最先端のモデリング技術や3Dテクノロジーを駆使して作り上げられた。

Ferrari SP48 Unica

新たなワンオフスペチアーレが完成

フェラーリのワンオフモデル、SP48 ウニカ。サイドビュー
フェラーリが2022年5月5日に公開した最新のワンオフモデル、SP48 ウニカ。サイドウインドウ後方にエアインテークを追加。V8ツインターボに送り込む空気の流れを最適化している。

世界に1台だけの、自分だけのフェラーリを手にする。それは、フェラーリ愛好家にとっての究極の夢のひとつといえるだろう。それを実現するのが、フェラーリが展開するワンオフプロジェクトだ。顧客のアイデアを元に、フェラーリ・スタイリングセンターのデザイナーやエンジニアが唯一無二のフェラーリを製作するというプログラムは、これまでに「SP3JC」や「P80/C」、「オモロガータ」などユニークなワンオフスペチアーレを生み出してきた。ちなみに、1台が完成するまでには、平均して1年以上の時間が費やされるという。

そのワンオフフェラーリに、最新の1台が加わった。「SP48 ウニカ(Unica)」と名付けられた2シーターのベルリネッタは、F8トリブートをベースに作り上げられている。ちなみに、Unica(ウニカ)はイタリア語で“唯一”を意味する単語である。

最先端の製造メソッドを導入

フェラーリのワンオフモデル、SP48 ウニカ。トップビュー
フェラーリのワンオフモデル、SP48 ウニカ。カーボンファイバー製のエンジンカバーやフロントグリルには、細かなハニカムパターンの穴が開けられている。

SP48 ウニカは、チーフデザインオフィサーであるフラヴィオ・マンツォーニの指揮のもと、フェラーリ・スタイリングセンターによってデザインされた。製作にあたっては、プロシージャルモデリング(数式や処理の組み合わせを用いて3Dコンテンツを構築する手法)や3Dプリンターを用いたAdditive Manufacturing(付加製造=塑像のように、材料を足しながら製造していく方法)など、最先端のメソッドが採用された。

先進の製造プロセスにより、まるでひと塊の金属から削り出したかのような独特の造形と、流れるような3次元構造のフロントグリルが完成した。カーボンファイバー製のエンジンカバーには、3Dハニカムパターンの繊細なエアインテークを装備。その造形は、ルーフトップのグラフィックとしても反復表現されている。

繊細なハニカムパターンを内外装に採用

フェラーリのワンオフモデル、SP48 ウニカ。リヤビュー
フェラーリが2022年5月5日に公開した最新のワンオフモデル、SP48 ウニカ。リヤウインドウを取り去ることで、よりシャープで研ぎ澄まされた印象のリヤスタイルを作り出した。

もちろん、すべての造形は機能に裏付けられている。サイドウインドウのすぐ後ろに追加したエアインテークや、延長したリヤオーバーハングなど、各部に空気の流れを最適化したり、ダウンフォース量を増加するための工夫が盛り込まれている。

リヤスクリーンは取り払われているものの、キャビンはF8 トリブート同等の機能性を保持。シートやトリムには、レーザーでハニカム形状の穴開け加工を施したアルカンターラ地を張り付けており、それぞれの穴からボディカラーと同じ赤色が覗くという仕掛けになっている。フロントグリルやエンジンカバーなどにも使われている繊細なハニカムパターンは、SP48 ウニカの重要なモチーフのひとつであり、サイドシルカバーにも同じ模様があしらわれている。

現代に蘇るカロッツェリアの世界

シャシーはシャシーメーカーが開発し、ボディはカロッツェリアが架装するのが主流だった時代には、まさしく百花繚乱、個性に富んだワンオフモデルが顧客の元にデリバリーされてきた。そんな贅沢な時代の「フェラーリの作り方」を現代的に再解釈し、自社内で再現したのがフェラーリのワンオフプロジェクトだ。

これまでに、599 GTB フィオラーノをベースに開発した「P540 アペルタ」や、F12 TdFのシャシーを使ったロードスター「SP3JC」、488 GT3ベースのサーキット専用車「P80/C」、812 スーパーファストに1950〜60年代のGTレーサーの要素を加えて作り上げた「オモロガータ」など、多彩なワンオフモデルを世に送り出してきた。

フェラーリ 296 GTBの走行シーン

フェラーリ 296 GTB、初試乗! ハイブリッド+V6による「驚愕の洗練」をレポート

フェラーリから登場した296 GTB。V6ツインターボエンジンをミッドに搭載しモーターを組み…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…