限定3台のゼンヴォ最新ハイパーカー「TSR-GT」は即完売

デンマークのゼンヴォが誇る最終進化型ハイパーカー「TSR-GT」は可変翼を封印

最高速度アップと快適性能向上が図られたTSプラットフォーム最終進化型「TSR-GT」。
最高速度アップと快適性能向上が図られたTSプラットフォーム最終進化型「TSR-GT」。
2007年にデンマークのプレストを拠点に設立されたゼンヴォ・オートモーティブ(Zenvo Automotive)は、フラッグシップモデル「TSR-S」のスペシャルエディション、世界3台限定の「TSR-GT」を発表した。TSプラットフォームの最後を飾る仕様となり、同社独自の可変型センティピアルウイングから、エレガントな流線形リヤスポイラーへと変更されている。

Zenvo TSR-GT

最高出力1378PSを発揮するV8スーパーチャージャー

最高速度アップと快適性能向上が図られたTSプラットフォーム最終進化型「TSR-GT」。
リヤミッドに搭載される5.8リッターV型8気筒スーパーチャージャーエンジンは、最高出力1378PSにまで引き上げられた。

ゼンヴォ TSR-GTは3台のみがデンマークで製造され、すでにすべてがハイパーカーコレクターに販売されている。TSR-GTは、最高速アップを狙った低ドラッグ仕様。エアロダイナミクスが見直され、搭載される5.8リッターV型8気筒スーパーチャージャーエンジンは、大幅なパワーアップを果たした。

空気抵抗の低減を狙い、高ダウンフォースを発揮する可変型センティピアルウイングに変わり、ル・マン24時間レース用プロトタイプのように流線形のリヤセクションを採用した。また、新形状のエアロホイールカバーも低ドラッグに貢献。新たに導入された空力パーツはすべて、プリプレグ・カーボンファイバー製となっている。

自社開発の5.8リッターV型8気筒ツインスーパーチャージャーエンジンは標準仕様の1193PSから1378PSにまで引き上げられた。インレットプレナムとエキゾーストマニホールドを改良し、エンジンの容積効率が大幅に向上。フレックス燃料センサーが搭載されたことで、従来のガソリンに加えて、持続可能なハイエタノールE85燃料での走行も可能になった。

このパワフルなエンジンにゼンヴォ製ヘリカルカットドッグ式トランスミッションを組み合わせたことで、最高速は325km/hから424km/hにまで引き上げられている。

より快適に進化したインテリア

最高速度アップと快適性能向上が図られたTSプラットフォーム最終進化型「TSR-GT」。
TSR-GTでは、TSR-Sのレーシーなコクピットをベースに、リアルレザーをふんだんに使った贅沢なインテリアに変更される。

インテリアもベースとなったTSR-Sから大幅に変更された。レーシングカーのようなネイキッドカーボンファイバー製から、リアルレザーを組み合わせたよりラグジュアリーなコクピットへと進化している。ダッシュボード、シート、ステアリングホイールはアルカンターラからレザーに変更され、カーボンファイバーのフロアパネル上には、ロードノイズを軽減するレザーエッジのベロア製フロアマットが採用された。

ゼンヴォ・オートモーティブのCCO兼、取締役会長を務めるイェンス・スベルドロップはTSR-GTについて、次のようにコメントした。

「ゼンヴォに今、新たな時代が到来しています。その前に、私たちはTSプラットフォームをベースに、ラグジュアリーなGT仕様を開発しました。2022年8月にティム・バートンへと納車されたTSR-Sのように、TSR-GTは世界のコレクターに割り当てられ、3台のみが製造されます」

2023年中盤に新規開発のニューモデルを発表

最高速度アップと快適性能向上が図られたTSプラットフォーム最終進化型「TSR-GT」。
2016年から進化を続けてきたTSプラットフォームは「TSR-GT」が最終仕様となり、2023年には現在開発中のニューモデルが発表される予定だ。

今回発表されたTSR-GTは、2016年に発表された「TS」シリーズの最終進化型となる。すでにソールドアウトした3台をもって、TSプラットフォームの開発を終了。ゼンヴォ・オートモーティブは、2023年中盤にもゼロから開発されたニューモデルの投入を予定している。

「TSシリーズの最終モデルであるTSR-GTは、ゼンヴォの伝統的な美学を踏襲しながらも、大胆なスタイリング変更を行いました。2016年に発表したTSプラットフォームは、レース専用のTSR、TS1 GT、そしてTSR-Sと進化を続けてきました。この成功したシリーズの最新、そしておそらく最後のモデルは、限定生産されるこのTSR-GTとなります」と、スベルドロップは付け加えた。

ニューモデル発表後も、現在バックオーダーを抱えているTSR-Sの製造は、デンマークにおいて継続される予定だ。

パガーニによる3台目のハイパースポーツは、理想郷を意味する「ユートピア」に因み「ウトピア」と名付けられた。

ハイパーカーメーカーのパガーニって何なの? その最新作「ウトピア」の登場の背景とともに成り立ちを解説

パガーニの最新モデル「ウトピア」の発表会に参加した西川淳。その第一印象と特筆すべき点、そして…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部