BMW TEAM Studieが参戦するスーパーGT2023に注目!【東京オートサロン2023】

「今年のBMW TEAM Studieはひと味違う」スーパーGT2023でBMW M4に注目する理由【東京オートサロン2023】

左から才川智子、朝比奈果歩、鈴木康昭監督、荒聖治選手、柳田正孝選手、新木みお、岡田夏芽。
左から才川智子、朝比奈果歩、鈴木康昭監督、荒聖治選手、柳田正孝選手、新木みお、岡田夏芽。
幕張メッセで開幕した新年恒例カスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」。東ホールにブースを出展したBMWはプレスカンファレンスを実施し、スーパーGTの参戦体制を発表した。

マシンもスーツも新カラーリングを採用

新カラーリングが施されたBMW TEAM Studieの「M3 GT3」。

2023年シーズンのSuperGTに参戦するBMW TEAM Studie「M3 GT3」が展示され、新カラーリングがお披露目された。マシン後部には新型M2のプロトタイプで採用されていたサイケデリックな迷彩柄が採用された大胆なリバリーだ。それにあわせてレーシングスーツもマシン同様の迷彩柄となり、全身を覆うド派手なデザインとなった。

BMW TEAM Studieチーム代表でもある鈴木康昭監督の紹介でドライバーも3名発表された。

AドライバーにはゲンロクWebでもおなじみの荒聖治を起用。昨年のスーパーGT第3戦鈴鹿サーキットでM3 GT3にさっそく優勝をもたらした。「チーム加入8年目でようやく鈴木監督に優勝をプレゼントできました」と語り、「速さ、気持ちよさ、カッコ良さをすべて併せ持つ」とべた褒めするM3 GT3によって今年もさらなる活躍を誓った。

「Zの柳田」あらため「Mの柳田」に

Bドライバーはブルーノ・スペングラーの加入が発表された。2012年のDTMチャンピオンでもあるBMWワークスドライバーだ。雪景色の欧州からビデオメッセージでスーパーGTへの意気込みを語った。

Cドライバーには柳田正孝。GT300(2003年、2010年)、GT500(2011〜12年)で4度チャンピオンを獲得した名手だ。昨年の鈴鹿戦ではライバルチームとして競ったことでM3 GT3の速さを確信しているという。荒聖治とは2006年に組んだこともあり、久々のチームメイトとなる。「Zの柳田」も今年は「Mの柳田」になることを宣言していた。

今シーズンはレースクイーンも1名増えて4名体制となった。才川智子、朝比奈果歩、新木みおの3人に今年は岡田夏芽が加わり、人もマシンも昨年以上の活躍が期待できそうだ。2023年のスーパーGTはBMW TEAM Studieに注目したい。

インパクトあるブースデザイン。かつてない大きさでBMWデザインの象徴であるキドニーグリルを模したインパクト抜群のブースだ。

「Mパフォーマンスパーツの高品質な世界」BMWブースでMパフォーマンスを体感【東京オートサロン2023】

新年恒例となったカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」が幕張メッセで開幕した。今回初…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部