エレガントなスポーティクーペ LEXUS 「RC」「RC F」が一部改良。走行性能、インテリアデザインがダイナミックに”深化”!

LEXUSは、スポーツクーペ「RC」、「RC F」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて2023年1月9日に発売することを発表した。今回発表されたRC、RC Fではアブソーバー特性やAVS、EPS制御が最適化され、走行性能が強化されている。いずれもAlways Onの思想に基づいて、上質ながらダイナミックな乗り心地が体現されている。

LEXUS流の走りの味「Lexus Driving Signature」の深化

RCは2014年に発売され、エレガントで上質デザインとダイナミックな走行性能の両立の基礎を築き、RC FはV8 5.0Lの自然吸気の高出力エンジンや8-Speed SPDSなどを搭載したレーシングスピリットを受け継ぐ“F”モデルだ。2022年11月時点でRCは世界中の62の国と地域で累計7万4千台、RC Fは世界中の57の国と地域で累計1万1千台が販売されている。

今回、発表されたRCおよびRC Fでは、Always Onの思想の下、走行性能が磨き上げられている。より操舵性能を高めるためにハブボルトによるホイール締結を採用するとともに、アブソーバー特性やAVS、EPS制御を「Toyota Technical Center Shimoyama」での走り込みを重ねる中で最適化。LEXUSならではの走りの味「Lexus Driving Signature」をよりダイナミック、かつ上質な乗り心地にすべく、細部までこだわった改良が施されている。

また、ドライバーの安全安心な運転に寄与すべく、「Lexus Safety System +」の機能が拡充されたほか、マルチメディアシステムにタッチディスプレイを採用することで使い勝手を向上。さらにRC Fは、サーキット走行においてもより高いハンドリング性能を実現すべく、ボディ剛性配分を見直し最適化したほか、Dレンジパドルシフト変速制御を改良することで、さらに“F”らしい走りが追求されている。

上質なデザインへの変更点

■ハブボルト化に伴い刷新されたホイールデザイン

〈RC〉
走りへの情熱を駆り立てるスポーティなデザインを追求したF SPORT専用のENKEIホイールを新規設定するとともに、スポーツクーペに相応しい運動性能の高さを予感させるホイールデザインを採用。


〈RC F〉
切削光輝やスーパーグロスブラックメタリック塗装などの表面処理を施した、新たなホイールデザインが採用され、RC Fに相応しいハイパフォーマンスを表現。

■使い勝手向上とスポーティさを両立させたインパネ

RC、RC F 共通で、マルチメディアシステムは直感的な操作が可能なタッチパネル式のディスプレイが採用され、ドライバーの操作性が向上されている。ディスプレイのタッチスクリーン化に伴い、インストルメントパネルアッパーのデザインを刷新。サイドレジスターの形状をメーターや時計、エンジンスイッチなどと同様の丸型にすることで、統一したスポーティさが際立たせられている。また、RC Fでは、ブレーキペダルを踏んで停車するとブレーキがかかったまま保持されるブレーキホールド機能付の電動パーキングブレーキが全車に標準装備され、ドライバーの負担を軽減する。

予防安全技術「Lexus Safety System +」の機能拡充

  • 単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、「プリクラッシュセーフティ」の対応領域が拡大され、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者や、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知が可能になった。加えてドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援などの機能が追加されている。
  • 同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する高度運転支援機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」の車線認識にAI技術を活用することで支援範囲を拡大し、よりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現。
  • 自動車専用道路などにおいて設定した車速内で前走車との距離を一定になるよう加減速制御する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」に、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するカーブ速度抑制機能が追加。
  • カメラで主要な道路標識を読み取り、マルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」が採用。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部