ホンダが小型ビジネスジェット機のコンセプト「HondaJet2600 Concept」を航空機ショー「NBAA 2021」で参考展示

Honda Jet
ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(以下HACI)はこのほど、10月12日から米国ラスベガスで開催されている世界最大のビジネス航空機ショー、「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)」にて、新たな移動の価値をもたらす小型ビジネスジェットコンセプト機、「HondaJet 2600 Concept」を参考展示したことを発表した。

「高効率な大陸横断飛行が可能で、より多くの乗客が搭載でき、そして大幅な二酸化炭素削減に貢献する未来のビジネスジェット機を提案します」(HACI藤野社長)

HondaJet 2600 Conceptは、ホンダ独自の技術である主翼上面エンジン配置、自然層流翼型・ノーズ、コンポジット胴体をさらに進化させたことで、ライトジェット機(※)として世界で初めてノンストップでのアメリカ大陸横断が可能になる小型ビジネスジェットのコンセプト機。優れた静粛性と、最大11名の乗員・乗客が搭乗でき、長距離飛行にも適した広いキャビン空間、比類のない燃費性能を備えている。
※最大離陸重量が1万2500ポンド以上、2万ポンド以下の双発エンジンを搭載した機体。HondaJet Elite S(ベリーライトジェット)のひとつ上のクラス

●「HondaJet2600 Concept」概要
【性能・スペック】
・最大航続距離2625ノーティカルマイル(約4862km)
・最大巡航速度450ノット(約833km/h)、最大運用高度4万7000フィート(約1万4326m)
・ライトジェットクラス最大の座席間スペースと室内の高さ、クラストップの快適性能を実現する与圧キャビン、高い静粛性、そして目的別に選べる3つの座席レイアウトを提供
【先進・安全技術】
・シングルパイロット(乗員1名)での運用が可能となるコックピットには、オートスロットルやオートブレーキなど、システムの自律化および電動化を実現した高度な先進技術を新たに導入。パイロットの負荷を軽減するほか、機体運用の安全性徹底にも貢献
【燃費性能】
・通常のライトジェット機より20%、中型ジェット機(※)に対しては40%(ニューヨーク-ロサンゼルス間の飛行距離)以上の燃費向上実現を目指す
※最大離陸重量が2万ポンド以上、3万5000ポンド以下の双発エンジンを搭載した機体

このたびの参考展示に際し、HACIの藤野道格取締役社長は次のように述べている。
「これまで約5年の間、HondaJetからEliteへ、そしてElite Sへと常に先進技術の開発に取り組み、日々進化を遂げてきました。そしてこの度HondaJetとは異なるセグメントに向けた新しい機種のコンセプト機を市場ニーズ検証のため展示しました。高効率な大陸横断飛行が可能で、より多くの乗客が搭載でき、そして大幅な二酸化炭素削減に貢献する、未来のビジネスジェット機を提案します」

●ホンダ公式サイト「HondaJet」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン