電動マイクロモビリティ版フィアット『500』? 新たな電動スクーターがモパーから登場

米・伊合作の電動マイクロモビリティ、モパー『500 イリーデ』登場!!

電動マイクロモビリティ、モパー『500 イリーデ』。
去る10月29日、クライスラーの部品・アクセサリーのブランドとして知られる『モパー(Mopar)』から、同じステランティス・グループであるフィアット『500』にインスパイアされて作られた電動スクーター『500イリーデ(Iride。イタリア語で「虹彩」の意味。英語ではIris=イリス)』が発表された。
モパー『500 イリーデ』。(画像レイアウトを編集部にて加工しています)

このたび発表された『500 イリーデ』はご覧の通り、昨今話題の“電動キックボード”に属するマイクロ・モビリティで、250wのモーターと10インチタイヤにより、最大航続距離は30km、最高速度は25 km/h。

写真のように折り畳み、付属の専用バッグに収納して車載可能。「ラスト・ワンマイル」も意識されている。

動力・駆動系は『モパー』が担当し、『フィアット チェントロスティーレ(フィアット デザインセンター)』とイタリアの自転車メーカー『コンパーニャ・ドゥカーレ』による共同デザイン。このアメリカとイタリアによる共同プロジェクトは、ステランティス・グループならではと言えるだろう。

『500 イリーデ』という名前とハンドルバーの下にある円形のライトは、言うまでもなくフィアット『500』、それも電気自動車版の『NEW 500(日本導入名:500e)』にインスパイアされたものだが、円形のライトは『500』の象徴的な丸いヘッドライトだけでなく、自然界の豊かな色彩の象徴である虹からもインスピレーションを得ているという。

円形のヘッドライトはフィアット『500』だけでなく、虹からも着想を得たという。(画像レイアウトを編集部にて加工しています)

車体色は環境を意識したセレスティアルブルーとクラウドグレー、そしてフィアット『500』をイメージしたというレッドの3色が用意されている。また、車載用専用バッグとクルマのトランクルームのコンセントから直接充電できる12V充電器も用意される。さらに、ユーザーフレンドリーな専用アプリにより、スクーターの状態に関するリアルタイム情報を、友人や家族とすばやく簡単に共有できるオプションも用意される。

専用スマホアプリにより、充電状態や走行距離などが管理できる。また、家族などでデータを共有することが可能。(画像レイアウトを編集部にて加工しています)

この『500 イリーデ』は、間もなくフィアット販売店とモパーストアから699ユーロ(約9万3000円)で購入可能となるが、現状、日本ではこの種の電動マイクロモビリティに対する法整備が進んでいないことから、正規の販売計画はないようだ。また、仮に個人輸入などで入手したとしても、法整備が進んでいないため、公道走行の対応は現状ではほぼ不可能だろう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部