マツダが「マツダ2ハイブリッド」の欧州市場導入を発表。トヨタからOEM供給を受けて2022年春から販売

マツダは12月6日、「MAZDA2 Hybrid(マツダツー・ハイブリッド)」を2022年春より欧州市場に導入すると発表した。マツダ2ハイブリッド」は、トヨタの100%子会社であるToyota Motor Europe社からOEM供給を受ける「ヤリス ハイブリッド」をマツダブランド車として販売するもので、欧州におけるマツダ2のラインナップに追加される。

1.5ℓ直列3気筒エンジンを採用したハイブリッドシステムの搭載により、低燃費かつ力強いシームレスな走りを実現

マツダ2ハイブリッド

マツダ2ハイブリッドは、コンパクトカーならではの軽快なハンドリング、上質な乗り心地と快適な室内空間、最新の安全技術を備えているのが特徴。また、1.5ℓ直列3気筒エンジンを採用したハイブリッドシステムを搭載しており、低燃費かつ力強いシームレスな走りを実現している。

トヨタとマツダは2015年の業務提携に向けた基本合意以降、先進技術、合弁工場、販売金融など、様々な分野において協業しており、今回のトヨタハイブリッド車OEM供給はそのひとつとなる。マツダは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」の考え方にもとづき、内燃機関や電動化技術を適材適所で展開するマルチソリューションで環境規制や市場ニーズに対応、顧客に最適な商品を届けていく。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン