ラリージャパン2022の大会コンセプトは「クルマ、お祭り、応援」【東京オートサロン2022】

ラリージャパン事務局長の鈴木賢志氏(株式会社サンズ代表取締役)
今年11月10〜13日に愛知県・岐阜県で開催されるWRC(世界ラリー選手権)の「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の大会コンセプト、セレモニアルスタートについての発表が、東京オートサロン会場で行なわれた。

「クルマ、お祭り、応援」

フォーラムエイト・ラリージャパン2022のコンセプトビジュアル

コロナ禍の影響で2年連続開催が中止されたWRCラリージャパンは、今年11月10~13日に愛知県(岡崎市/豊田市/新城市/設楽町)・岐阜県(恵那市/中津川市)の計6市町でされる。

フォーラムエイト・ラリージャパンは、WRC2022年シーズンの最終戦第13戦として開催される。

大会コンセプトは「クルマ、お祭り、応援」と発表された。

11月10日のセレモニアルスタートは、豊田スタジアムで行なわれる。

記者発表を行なったラリージャパン事務局長の鈴木賢志氏(株式会社サンズ代表取締役)

ラリージャパン応援団

ラリージャパン事務局は「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」を観る人、参加する人、関わる全ての人を応援だと呼び、応援団の皆さんに向けたメッセージをTwitterやFacebook、新たにスタートしたInstagramなどから発信する。11月の大会終了時には大会成功の感謝を込めてさまざまなプロモーションに活躍したGRヤリス・フォーラムエイト・ラリージャパン号を抽選でプレゼントする。詳細は後日発表される。

セレモニアルスタートは、豊田スタジアムで行なわれる。

東京オートサロン2022 ラリージャパンブース

日産フェアレディZ(サファリラリー仕様)

1月14~16日に幕張メッセで開催中の東京オートサロン2022の会場には、「ラリージャパン」ブースが出展中だ(北ホール)。

フォーラムエイト・ラリージャパンの開催都市である愛知・岐阜両県の市町がそれぞれ出展しているほか、トヨタ、スバル、三菱、日産の名ラリーカーも展示されている。

スバル・インプレッサWRC
トヨタ・セリカGT-FOUR(ST185)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部