ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー……VWの高級車4000台を積んだ自動車運搬船が火災で沈没 EV運搬の難しさが浮き彫りに

大西洋上で炎上する自動車運搬船フェリシティ・エース。Photo: Portuguese Navy
ドイツからアメリカに向かって大西洋を航行中だった商船三井運航の自動車運搬船「フェリシティ・エース」が3月1日に沈没した。積まれていたのは、VWグループの約4000台だった。被害金額は460億円にも上ると試算されている。

ドイツからアメリカに運搬されていたのは、VWグループのクルマ、約4000台。

オートモーティブニュースによればその内訳は
アウディ:約1900台
ポルシェ:約1100台
フォルクスワーゲン:約500台
ベントレー:189台
ランボルギーニ:85台
だという。被害金額から計算すると1台あたり1150万円となるから、いずれも「超高級車」だったことがわかる。

火災発生から沈没までの経緯は、以下の通りだ。

フェリシティ・エースを運航する商船三井のウェブサイトによると、船はドイツのエムデン港から米国・ロードアイランドに向けて大西洋を航行中、2月16日にポルトガルのアゾレス諸島沖で出火した。乗組員22人は全員がアゾレス諸島に避難している。3月21日朝に消防設備を備えた2隻のタグボードが漂流中の船に到着し、船の冷却のためすでに乗船していた救助チームとともに水の噴射作業を始めた。船からの油漏れは確認されておらず、船は安定しているが、日本時間24日更新のレポートでは、煙の量が減っているものの、引き続き船から白煙が目視できる状況だったという。

25日のレポートでは、煙は収まり油の流出もなく船体姿勢も安定していた。サルベージチームがヘリコプターで乗船して、アゾレス諸島沖の安全海域に向けて大型救助船で曳航を開始していた。

しかし、3月1日の最新レポートによると、フェリシティ・エースは右舷への傾斜が見られたあと、現地時間の3月1日午前9時頃、沈没した。沈没した位置はアゾレス諸島から220海里(約400km)ほど離れた地点である。現地では引き続きサルベージ船が監視を続けている。

火災の原因は、運搬中のBEVの電池なのか船のほかの部分から出火したかはまだ不明だ。EV用のリチウムイオン電池の火災については、これまでもその危険性が指摘されている。一度炎上したリチウムイオン電池を消火するには、大量の水が必要になる。今回の火災でも放水が行なわれていたが、火災は1週間以上続いたと見られる。フェリシティ・エースは2005年に建造された新しい自動車運搬船で、最新の消火設備を貨物倉庫内に持っていたと推定される。それでも、炎上する車両の煙で乗組員の消火能力では手に負えなくなった。今回の火災でEVの輸送の難しさが浮き彫りになったと言える。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部