5月の新車販売ランキング、日産車の成績は? トップはノート。ベスト50にはこの6台がランクイン!

【5月の新車販売台数ランキング・日産編】日産車のトップは手堅くノートが奪取! 話題沸騰の新型EV、アリアは何位にランクイン?

(社)日本自動車販売協会連合会から、5月の新車販売台数が発表された。第1位はトヨタ・ヤリスで相変わらずトップ10の8台をトヨタが占める強さを見せたが、トヨタ以外のメーカーの奮闘ぶりにも注目したい。ホンダに続き、日産の実績を見ていこう。

第1位 ノート(6,626台)

日産ノート

日産車の5月の売り上げナンバー1は、総合第5位(6,626台)のノートだ。昨年、革新的なモデルチェンジでノート、オーラ、オーラNISMOと積極的な攻勢を掛け、カー・オブ・ザ・イヤーも数々授賞していたから納得できるものだろう。“トヨタ車以外でナンバー1”の座は、惜しくもわずか121台の差で、ホンダ・フリードに軍配。ヤリスクロスを合算するヤリス(12,400台)には大きく離されているものの、ホンダ・フィット(3,068台)には、ダブルスコアの大差をつけて上回った。

第2位 セレナ(2,577台)

日産セレナ

第2位は、総合第14位(2,577)のセレナだ。セレナは、国内日産を支える主要車種のひとつであり、モデル末期でこの数字は見事という他ない。安定的に、常に需要があることを示している。ノア13位、ヴォクシー17位、ステップワゴン19位という拮抗した戦いが、Mクラスミニバンの戦いのシビアさを物語っている。先にモデルチェンジしたノア、ヴォクシーでも5月実績が前年割れしていることから見ても、まだ本来売れるべき台数を捌いているとは言えず、この後、セレナも含めて全車がモデルチェンジを終えてからが本当の戦いになると言えるだろう。

第3位 キックス(1,200台)

日産キックス

第3位は、スタイルの良さと実用性の高さを兼ね備えたコンパクトSUV、キックスだ。総合28位(1,200台)の実績である。海外生産車でグレードバリエーションも限られていることを考えると、キックスのこのポジションは十分検討していると言えるだろう。おもなライバルはヤリスクロス(ヤリスと合算で12,400台)、とヴェゼル(2,540台)であり、これらと比べると、やや劣勢という状況ではある。

第4位 アリア(811台)

日産アリア

第4位は、初登場のアリアが総合34位(811台)に食い込んだ。ご存知、日産新世代を代表するモデルである。アリアは100%電気自動車であり、価格の高い高級車であり、なおかつ、現状単一グレードしか発売されていない。以上すべて販売台数的には不利な条件だと言えるが、それでもこのランキングに入るのは立派。スタイリングの格好良さや、新しい生活などへの期待感から好成績に結びついたと思われる。なお、ピュアEVの元祖であるリーフは総合50位圏外。軽自動車のサクラはランキングに含まれないが、軽自動車ランキング内での躍進が注目される。

第5位 マーチ(509台)

日産マーチ

第5位のマーチは、総合41位(509台)。デビュー年次が古く、新しいニュースも少ないが、手軽にアプローチできるBセグメントコンパクトとして一定の需要がある。ノートが全車e-POWER化したため、価格の安いコンパクトカーとしてマーチが受け皿になっていることもあるだろう。競合車としてはトヨタ・パッソ(総合18位/2,048台)を筆頭に、ダイハツ・ブーン、三菱ミラージュなどがあるが、パッソ以外はベスト50にランクインしていないので、マーチは競合車の中で2位というポジションにつけ、奮闘している。

第6位 エクストレイル(425台)

日産エクストレイル

第6位は、総合44位のエクストレイル(452台)。エクストレイルと言えば、ノート、セレナとともに国内日産を支えてきた三本柱の1台だ。間もなく新型エクストレイルがお披露目されると思われ、現状のランキングは、モデルライフ末期としての数値である。熾烈を極める競合ライバル勢は、RAV4が総合22位、アウトランダーが同24位、CX-5が同33位、フォレスターが同37位、CR-Vが同45位といったところ。モデルチェンジによって大きな躍進が期待できるが、どこまで数値を伸ばすかを見守りたいところ。

以上、日産車は、トップ50ランキングに、トヨタの19台、ホンダの8台に次ぐ、全6台を送り込んだ。昨年はノートフィーバーの日産だったが、今年は、アリア、サクラ、エクストレイル、フェアレディZなどなど、人気モデルのモデルチェンジが目白押しだから、ランキングの変動に注目していきたい!

日産車のトップ50ランキング

1位[5位] 日産ノート 6,626台(111.1%)
2位[14位] 日産セレナ 2,577台(74.5%)
3位[28位] 日産キックス 1,200台(52.1%)
4位[34位] 日産アリア 811台(ー%)
5位[41位] 日産マーチ 509台(89.3%)
6位[44位] 日産エクストレイル 425台(64.8%)
※[]内は総合順位、()内は前年比

2022年5月 新車販売台数ランキング

1位 トヨタ・ヤリス 12,400台(74.4%) 
2位 トヨタ・カローラ 9,424台(125.8%)
3位 トヨタ・ルーミー 7,704台(66.4%)
4位 ホンダ・フリード 6,747台(153%)
5位 日産ノート 6,626台(111.1%)
6位 トヨタ・アルファード 5,192台(87.3%)
7位 トヨタ・シエンタ 4,262%(109.1%)
8位 トヨタ・ライズ 3,652台(58.3%)
9位 トヨタ・アクア 3,288台(110.8%)
10位 トヨタ・ハリアー 3,188台(50.5%)

11位 ホンダ・フィット 3,068台(151%)
12位 トヨタ・ランドクルーザーW 2,820台(115.2%)
13位 トヨタ・ノア 2,720台(86.8%)
14位 日産セレナ 2,577台(74.5%)
15位 ホンダ・ヴェゼル 2,540台(62.6%)
16位 スズキ・ソリオ 2,232台(70.7%)
17位 トヨタ・ヴォクシー 2,157台(42.6%)
18位 トヨタ・パッソ 2,048台(75.9%)
19位 ホンダ・ステップワゴン 2,025台(95.6%)
20位 トヨタ・プリウス 1,939台(60.7%)

21位 SUBARUインプレッサ 1,925台(84%)
22位 トヨタRAV4 1,813台(37.9%)
23位 スズキ・スイフト 1,772台(88.7%)
24位 三菱アウトランダー 1,686台(1,832.6%)
25位 トヨタ86 1,600台(333.3%)
26位 スズキ・クロスビー 1,310台(121.6%)
27台 トヨタC-HR 1,243台(94.2%)
28位 日産キックス 1,200台(52.1%)
29位 ダイハツ・ロッキー 1,146台(82.2%)
30位 スズキ・ジムニーW 1,090台(107%)

31位 ホンダ・シャトル 894台(98%)
32位 マツダMAZDA2 837台(62.3%)
33位 マツダCX-5 812台(97.8%)
34位 日産アリア 811台(ー%)
35位 三菱デリカD5 794台(128.3%)
36位 トヨタ・クラウン 785台(53.8%)
37位 SUBARUフォレスター 783台(60.7%)
38位 トヨタ・カムリ 657台(101.7%)
39位 トヨタ・ハイエースW 635台(90.1%)
40位 レクサスNX350H 557台 (ー%)

41位 日産マーチ 509台(89.3%)
42位 ダイハツ・トール502台(56.5%)
43位 ホンダ・オデッセイ 482台(32%)
44位 日産エクストレイル 425台(64.8%)
45位 ホンダCR-V 389台(165.5%)
46位 三菱エクリプスクロス 378台(56.2%)
47位 ホンダ・シビック 355台(366%)
48位 マツダMAZDA3 341台(35.3%)
49位 レクサスIS300H 315台(75.9%)
50位 SUBARU・BRZ 300台(ー%)

※()内は前年比

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部