日産の新型エクストレイル 真のライバルはスバル・フォレスター? サイズは、走りは、燃費は?

日産がエクストレイルをフルモデルチェンジしたことで、競争激化必至のミドルクラスSUV。スター揃いのこのカテゴリーの覇者は誰になるのか? 日本だけでなく北米でもエクストレイル(北米ではローグ=ROGUE)とライバル関係にあるスバル・フォレスターと比べてみよう。

スバル・フォレスター vs 新型エクストレイル

現行フォレスターは5代目モデルで、登場は2018年6月だった。スバルの最新プラットフォーム「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)」を採用した現行モデルは、2021年に大幅改良を受けている。フォレスターは北米でも大人気で、スバルを支える大黒柱である。

フォレスターをチェックする前に、まずは新型エクストレイルの価格帯から。

新型エクストレイル
S(2WD):3198800円
S(e-4ORCE):347万9300円
X(2WD):349万9100円
X(e-4ORCE):379万9400円
X(e-4ORCE 7名乗り):393万0300円
G(2WD):429万8800円
G(e-4ORCE):449万9000円

対するフォレスターは
スバル・フォレスター
スポーツ(1.8ℓターボ)4WD:330万円
ツーリング(2.0ℓ+motor)4WD:293万7000円
X-ブレイク(2.0ℓ+motor)4WD:308万円
アドバンス(2.0ℓ+motor)4WD:317万9000円
だ。スバルらしく全グレードフルタイム4WD。だから比較対象は「e-4ORCE」となる。

もっともプライスタグの軽いエクストレイルe-4ORCEはSグレードの347万9300円。フォレスターは1.8ℓ水平対向4気筒ターボのスポーツ(330万円)と比べることにしよう。

ボディサイズ比較 フォレスター vs 新型エクストレイル

上がエクストレイル、下がフォレスター
左がエクストレイル、右がフォレスター
左がエクストレイル、右がフォレスター

新型エクストレイル
全長×全幅×全高:4660mm×1840mm×1720mm
ホイールベース:2705mm
最小回転半径:5.4m
最低地上高:185mm

スバル・フォレスター SPORT
全長×全幅×全高:4640mm×1815mm×1714mm
ホイールベース:2670mm
最小回転半径:5.4m
最低地上高:220mm

となっている。ボディサイズはほぼ同じ。最小回転半径も同じ。水平対向エンジンを搭載するスバルの常として、ややフロントオーバーハングが長めなのがフォレスターだ。どちらもアウトドアで映えるフロントマスクとなっている。また、最低地上高220mmとSUVのなかでも余裕ある数値を持っているのもフォレスターだ。

パワートレーン&燃費比較

スバル・フォレスター スポーツは最新の1.8ℓ水平対向4気筒エンジンを搭載する。

スバル・フォレスターエンジン
形式:1.8ℓ水平対向4気筒ターボ
型式:CB18
ボア×ストローク:80.6mm×88.0mm
排気量:1795cc
圧縮比:10.4
最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm
最大トルク:300Nm/1600-3600rpm
使用燃料:レギュラー
タンク容量:63ℓ
トランスミッション:CVT

日産エクストレイルは、1.5ℓ直3VCRターボを搭載する。駆動はモーターで行なうe-POWERだ。リヤも独立したモーターが載る。

日産エクストレイル発電用エンジン
形式:1.5ℓ直列3気筒VCRターボ
型式:KR15DDT
ボア×ストローク:84.0mm×90.1mm
排気量:1497cc
圧縮比:8.0-14.0
最高出力:106kW/4400-5000rpm
最大トルク:250Nm/2400-4000rpm
使用燃料:レギュラー
タンク容量:55ℓ

モーター(フロント)
BM46型交流同期モーター
最高出力:150kW(204ps)/4739-5623rpm
最大トルク:330Nm/0-3505rpm
リヤモーター
MM48型交流同期モーター
最高出力:100kW/4897-9504rpm
最大トルク:195Nm/0-4897rpm

フォレスターのエンジンは、スバル最新のCB18型水平対向4気筒ターボだ。スポーツ以外のグレードは2.0ℓ自然吸気の水平対向4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(12Vのマイルドハイブリッド)だが、スポーツは純エンジン車。4WDのリヤは、コンベンショナルなカップリング式だ。

一方の日産エクストレイルは、新開発の1.5ℓ直3VCR(可変圧縮比)ターボエンジンを搭載し、前後のモーターで駆動するシリーズハイブリッド「e-POWER」である。ボクサーターボとe-POWERの対決となるわけだ。

では、燃費はどうだろうか?

スバル・フォレスター
WLTC燃費:13.6km/ℓ
 市街地モード10.3km/ℓ
 郊外モード14.3km/ℓ
 高速道路モード15.2km/ℓ

日産エクストレイル e-4ORCE
WLTC燃費:4WD 18.4km/ℓ
 市街地モード16.1km/ℓ
 郊外モード20.5km/ℓ
 高速道路モード18.3km/ℓ

となり、e-POWERのエクストレイルの圧勝だ。ただし、冒頭書いたように、価格差がある。
レギュラーガソリン=170円/ℓだったら
フォレスター:12.5円/km(1km走るのに12.5円の燃料代がかかる)
エクストレイル:9.2円/km
だからその差は3.3円/kmとなる。18万円の価格差は約55000km走ると埋まるわけだ。

インテリア&ラゲッジルーム比較

上がフォレスター、下が新型エクストレイル。

インテリアは、やはり最新のエクストレイルの方が「現代的」。フォレスターは全体的にやや煩雑な印象だが、視界の良さや実際のオフロード走行を見越してのレイアウトとなっている部分もある。対するエクストレイルは、ノートオーラ、アリア、そしてエクストレイルとインテリアの質感向上が著しい。

スバル・フォレスターの前後シート

フォレスターの前後シート

日産エクストレイルの前後シート

エクストレイルの前後シート

ラゲッジルームは?

上がフォレスター、下がエクストレイルのラゲッジ。

ラゲッジルーム比較は、角度が違う写真で申し訳ない。後席はどちらも分割可倒式。充分な荷室容量を持つ。写真で見る限り、リヤにモーターを積むエクストレイルの方が高さ方向の余裕が少ない(荷室床面が高い)ように見える。

今年の下半期には、この2台のライバル関係がどうなるか? 販売台数の推移も注目していきたい。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部