トヨタRAV4 vs 日産新型エクストレイル ベストセラーSUVの座を賭けたライバル対決

上がトヨタRAV4、下が新型日産エクストレイル
ミッドサイズSUV、しかも「アウトドア」「タフさ」といったキーワードに相応しいのはトヨタRAV4か日産エクストレイルか。世界的に見てもガチンコライバルの2台。エクストレイルが新型に切り替わったことで激戦は必至である。
トヨタRAV4
新型日産エクストレイル

現行トヨタRAV4は、歴代モデルのなかでも屈指の大ヒットモデルだ。日本発売は2019年4月。トヨタ最新のTNGA GA-Kプラットフォームを使う。ちなみに、新型クラウン(クロスオーバー)も同じGA-Kである。

パワートレーンは、2.0ℓ直4DOHC(M20A-FKS型)+CVTか2.5ℓ直4DOHC(A25A-FXS型)+THS2(ハイブリッド)で、それぞれFF/4WDを選ぶことができる。

対する新型エクストレイルは、1.5ℓ直3VCR(可変圧縮比)ターボで発電し、新開発のBM46型交流同期モーターで駆動する。全車日産が誇るシリーズハイブリッド、e-POWERを搭載する。

まずは価格から

RAV4のエントリーグレードは
X(FF):277万4000円
これは、2.0ℓ直4+CVTで、4WDになると23万1000円高の300万5000円になる。

トヨタRAV4 ハイブリッドAdventure

対する新型エクストレイルのエントリーグレードは
S(FF):319万9800円
エクストレイルのパワートレーンは、全車e-POWERだから、その分、値段も張るわけだ。
ちなみに4WD(e-4ORCE)の価格は28万500円高の347万9300円だ。

日産の新型エクストレイル

ハイブリッドエントリーグレードで比較するなら、RAV4は
ハイブリッドX(FF):337万4000円
ハイブリッドX(4WD):362万7000円

ということになる。

ボディサイズ比較

トヨタRAV4

全長×全幅×全高:4600mm×1855mm×1685mm

RAV4のボディサイズは
全長×全幅×全高:4600mm×1855mm×1685mm
ホイールベース:2690mm

日産エクストレイル

全長×全幅×全高:4660mm×1840mm×1720mm ホイールベース:2705mm

新型エクストレイルは
全長×全幅×全高:4660mm×1840mm×1720mm
ホイールベース:2705mm

RAV4が60mm短く15mm幅広いが、ほぼ同サイズと思って良さそうだ。

最小回転半径は
RAV4(ハイブリッド4WD):5.5m
エクストレイル(e-4ORCE):5.4m

となっている。

燃費はどうだろう?

RAV4のハイブリッドはトヨタが世界に誇るTHS2(シリーズパラレル・ハイブリッド)だ。当然燃費は抜群にいい。
RAV4 X(4WD)
WLTCモード燃費:20.6km/ℓ
 市街地モード18.1km/ℓ
 郊外路モード22.4km/ℓ
 高速道路モード20.7km/ℓ

対するエクストレイル S e-4ORCE
WLTC燃費:4WD 18.4km/ℓ
市街地モード16.1km/ℓ
郊外モード20.5km/ℓ
高速道路モード18.3km/ℓ

となっている。10%強、RAV4の方が良い燃費データだ。ちなみにどちらも燃料はレギュラーガソリンである。

パワートレーンは?

RAV4 Xハイブリッド(4WD)のエンジンは、
A25A-FXS型2.5ℓ直4DOHCだ。トヨタのエンジン型式で後半が「FXS」となっているのは、ハイブリッド用エンジンを意味している。パワースペックは
最高出力:178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク:221Nm/3600-5200rpm

フロントモーター
3NM型交流同期モーター
最高出力/最大トルクは120ps(88kW)/202Nm

となっている。RAV4の場合は、エンジンもモーターも駆動(エンジンは発電、モーターは回生もする)する複雑なシステムだ。

一方のエクストレイルはe-POWERだからエンジンは発電専用である。KR15DDT型1.5ℓの直3VCR(可変圧縮比)ターボエンジンだ。
最高出力:144ps(106kW)/4400-5000rpm
最大トルク:250Nm/2400-4000rpm

駆動モーター
BM46型交流同期モーター
最高出力:150kW(204ps)/4739-5623rpm
最大トルク:330Nm/0-3505rpm

となっている。
4WDの後輪の駆動はどちらもリヤに搭載したモーターが行なう。
RAV4:4NM型交流同期モーター
 最高出力:54ps(40kW)
 最大トルク:121Nm

エクストレイル:MM48型交流同期モーター
最高出力:136ps(100kW)
最大トルク:195Nm

日産自慢の4WDシステム、e-4ORCEのリヤモーターは軽自動車サクラのフロント(主駆動輪)用でもありノート/ノートオーラの後輪駆動用にも使われている。

インテリアとラゲッジスペース

と、その前に、インテリアの様子を見てみよう。

トヨタRAV4

トヨタRAV4

日産エクストレイル

日産エクストレイル

遠くまで行けるのはどっち?

ガソリンタンク容量は
RAV4 ハイブリッドX(4WD):55ℓ
エクストレイルS e-4ORCE:55ℓ
だから、
RAV4 ハイブリッドX(4WD):55ℓ×20.6km/ℓ=1133km
エクストレイルS e-4ORCE:55ℓ×18.4km/ℓ=1012km
となる。どちらも1000km超えの長~い脚を持っているわけだ。

トヨタRAV4と日産エクストレイル(米国ではROGUE)は、どちらもグローバルで鎬を削るスターモデル。国内でもエクストレイルが新型に切り替わったことで、ライバル同士の戦いは激化するに違いない。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部