新型ジムニー納車後、初ドライブで大黒パーキングへ行ってみると‥‥!【ジムニーオーナーレポート:Vol.8】

発表直後から大人気ですでに1年待ち、とも言われていた新型ジムニー 。そんな新型ジムニー「XC」 5MTを発売直後に納車されるという、なかなか体験できない貴重な機会に恵まれた出来利弘は、2018年7月の納車日にディーラーでまっさらなジムニーを受け取り初ドライブへ。向かったのは首都高速、大黒パーキングだった。
REPORT:出来利弘(DEKI Toshihiro)

クルマ好きの聖地!大黒パーキングでも人だかり

いよいよ納車され、終に自分の新型ジムニーでドライブできる喜び。ご機嫌で大黒パーキングまでドライブした。

新型ジムニー 「XC」 5MTの納車日当日、ディーラーでジムニーを受け取り、いよいよ初ドライブだ。最初に向かったのは首都高速、大黒パーキングだった。実際に走り出してみて感じられたのは「本物感のある良いクルマに乗っている」という満足感とユーザー目線に立った素晴らしき「新型ジムニーの使い勝手の良さ」だ。

新車のシートにかけられたビニールを剥がし、乗り込む。インパネ右下にあるプッシュボタンスタートでエンジンをかけ、サイドミラーの角度を調整し、ETCカードを挿入する。出発前の一連の操作に必要なスイッチ類がここに集約されているのは素晴らしい。他メーカーの車両ではまだまだこの辺り、あちこち分散しているのが多いのが現状だ。

ビニールを剥がして初めて乗り込む。ジャングルグリーンのカラーによく似合うオフブラックのインパネとライムグリーンのラインが入ったシート。
スタート前にETCを入れ、エンジンスタートボタンを押して、ミラーを調整して出発する。出発前に必要な操作パネルがインパネ右下に集中しているのは素晴らしい。

ギヤを入れ、スタートする。クラッチペダルの重さは軽く、半クラッチ領域とそうでない部分がきちっとわかるチューニングで実に気持ち良い。決して乗りづらいわけではないが、ラフすぎる操作に対してはエンストする。最近の新車マニュアル車は試乗時にエンストしないように様々工夫がされているようだが、上手く操作してもしなくても変わらないクルマは実は「所有してからつまらなくなって、飽きる」のが早い。その点、ジムニーのセッティングはとても良いと感じた。ジムニーのリジットサス独特の左右に揺られながらスタートし、首都高速へ入った。

まず高速走行で感じられたのは路面の継ぎ目などでの乗り心地の良さ、そして想像以上に静かだということだった。タイヤノイズも小さいし、ボディの遮音性、しっかり感は軽自動車に期待する領域をはるかに超えている。

「XC」に標準装備のクルーズコントロールを試してみる。純正ステアリングの右スポークに操作スイッチがあり、設定後、ボタンを上下すれば車速を変えられるもので、追従機能などはない昔からあるタイプのクルコンだ。しかしながら電子制御スロットルと賢いコンピュターとの組み合わせで速度のコントロールはかなり緻密なので、とても快適。一方で設定した速度から、手動で加減速しようとすると少し反応が遅く、慣れるまでは上手く調整できなかった。ここを改善してもらうか、やっぱり自動で前車に追従できるクルーズコントロールが欲しいというのが正直な感想だ。

「XC」はクルーズコントロール、オーディオスイッチが本革巻きステアリングと共に装備される。とても便利で操作性も良く、なおかつ質感が高い。

高速移動中には頻繁にメーターを見るわけだが、新型ジムニー専用の独立メーターの赤い文字盤はちょっとフェラーリ512BBのメーターにも似ていて、とても見やすく、格好いい。独立メーターフードの膨らみ、ヘアラインで仕上げられた縁取りもなかなか良い質感で所有満足度は高い。

高速道路でも安定して、がっちりとしたボディ剛性を感じる走りだ。赤い文字盤の独立メーターは見やすく、気分が盛り上がる。

大黒パーキングに到着。現地にいたたくさんのクルマ好きの人たちが寄ってきて、話しかけてくれた。「うわー新型ジムニーだ!!」と驚きの声があちこちから聞こえてくるという初体験。何人かの人には運転席に座らせてあげて、色々と新型ジムニーの良さを説明したり、シートアレンジをして見せたり、新型ジムニー説明会のようになった。こんな注目度が高く、みんなの熱い視線を感じるクルマも珍しい。

大黒パーキングに到着。現地にいたクルマ好きの人たちが寄ってきて、話しかけてくれた。「うわー新型ジムニーだ!!」と驚きの声があちこちから聞こえてくるというのは初体験。

「なぜ、こんなにも新型ジムニーが人気なのか?」については未だに研究中だが、まず誰でも「新型」ジムニーだと解り、圧倒的な存在感のあるデザイン。そして内装を見ても本格的。メカニズムのスペックを調べても納得。そして期待値以上の「本物感」「オーバークオリティ感」のあるクルマが「手頃な価格の新車で買える」ということで夢があるからだろう。更に1年以上の納期待ちとなるほどの大人気だと聞けば、そこに稀少性と話題性も加わって、現在に続く「新型ジムニーブーム」が巻き起こったのだ。

著者プロフィール

出来利弘 近影

出来利弘

1969年千葉県出身だが、5歳から19歳まで大阪府で育つ。現在は神奈川県横浜市在住。自動車雑誌出版社でアル…