日産のコネクテッドサービスで駐車場予約、空き情報検索やキャッシュレス決済ができる「Smart Parking Peasy」が施行。

日産はNTTドコモ(以下、ドコモ)とともに、日産が提供するコネクテッドカーサービス「NissanConnect」から、ドコモの駐車場予約サービス「Smart Parking Peasy」(以下、Peasy)の駐車場オンライン予約や決済などが利用できるサービスを8月30日より開始した。

「NissanConnect」は、車両が通信端末などと繋がることで、より快適で安心、そしてワクワクするカーライフを提供する日産のコネクテッドカーサービスである。専用スマートフォンアプリから車両状況の確認や、乗車前に車内温度を快適に設定する「乗る前エアコン」が利用できるほか、車載ナビゲーションにて自動地図更新や、オペレーターによるルート探索および目的地設定などを行うことができる。

また、ドコモが提供する「Peasy」は、スマートフォンで目的地付近の空き駐車場を探し予約することができるアプリで、現在、東京と大阪を中心にサービスが提供されている。

今回、「NissanConnect」と「Peasy」の両サービスのデータをリアルタイムに連携させることにより、「NissanConnect」のドアtoドアナビ機能から、リアルタイムでの駐車場空き状況検索や30分前からの駐車場事前予約、さらには、駐車料金のキャッシュレス決済といった「Peasy」のサービス内容を利用することができるようになった。ドアtoドア機能は、スマートフォンで設定したルートを車載ナビと連動させ、降車後もスマートフォンで目的地まで案内するサービスである。

「NissanConnect」スマートフォンアプリから予約・設定した駐車場情報は、車載ナビゲーションへの転送ができるため、乗車前・走行中・降車後のシームレスな体験向上をめざす「NissanConnect」の利便性をさらに高めるものになる。

なお、「NissanConnect」が他社の駐車場オンライン予約・決済サービスと、また、「Peasy」が他社のコネクテッドカーサービス と連携を行うのは今回が初の取り組みとなる。

日産とドコモはこれまで、それぞれが提供するカーシェアリングサービスの「NISSAN e-シェアモビ」と「dカーシェア」の提携や、ドコモの車内用Wi-Fiサービス「docomo in Car Connect」の日産車への採用、また、自動運転車両を用いたオンデマンド配車サービスの実証実験など、さまざまな連携を行ってきた。両社は、今回の駐車場利用における連携により、利用者の駐車場探しのストレスを軽減するとともに、駐車場探しに関わる 渋滞や路上駐車などの社会的な課題の解消に継続して貢献する。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部