世界で最も売れているPHEV、アウトランダー2023年モデルが米国市場向けに11月発売!最大672kmの総走行距離を実現!

2023 Outlander PHEV
三菱アウトランダーは、いま世界で最も売れているPHEVとして人気を博している。今回、三菱の米国部門から米国市場向けに次世代モデルとなる2023年型アウトランダーが発表された。搭載された20kWhバッテリーにより、電動走行距離61km(40%アップ)を達成。さらに、2.4L MIVEC 4気筒エンジンと組み合わせれば672kmもの総走行距離を実現する。大胆なスタイリングと7人乗りの居住性を備えたアウトランダーは、米国で39,845ドル(≒576万円)から、11月に発売される。

2023年型「アウトランダー」は三菱のPHEVに関する最新技術が投入された、7人乗りのフラッグシップSUVだ。20kWhのバッテリーにより38マイル(≒61km)の電気走行を実現し、次世代PHEVシステムにより、最大420マイル(≒672km)もの総走行距離を達成している。

2023年型2023年型アウトランダーPHEVは、350ボルト・20kWhのリチウムイオン電池パックが床下と車輪の間に搭載され、低重心でありながら地上高の低下が最小限に抑えられ、全電動走行距離は38マイル(≒61km)とされている。この数値は、前モデルと比較して40%の航続距離の向上を実現している。 2023年型アウトランダーPHEVは、米国でラグジュアリーブランド以外のプラグインハイブリッド車として唯一、急速充電が可能な車である。また、レベル1またはレベル2の充電器から充電できるほか、走行中または駐車中にチャージモードを使用して内燃機関自体から充電することもでき、長距離走行に貢献している。

搭載されたパワートレインは、2.4L MIVEC 4気筒アトキンソンサイクルガソリンエンジンと14.8ガロン燃料タンクが組み合わせられ、64MPGe(マイルス・パー・ギャロン換算)の燃費を実現。1回の充電と満タンの燃料タンクで合計航続距離最大420マイル(≒672km)を達成している。

2023年モデルのアウトランダーPHEVは、三菱自動車の新世代ツインモーターS-AWC(Super All-Wheel Control)5システムを搭載し、ガソリンエンジンとフロントモーターで前輪を駆動、リアマウントの独立したモーターで後軸を駆動する。 両電動モーターは、フロントが114馬力、リアが134馬力と従来よりもパワーアップし、システムの総合出力は248馬力、トルクは450Nmを発揮する。

駆動方式には、三菱自動車の電動化のノウハウ、モータースポーツから生まれたS-AWC全輪駆動システム、数々の新技術が2023年型アウトランダーPHEVに搭載され、ブランド史上最も先進的装備を搭載したクルマとなっている。大胆なデザイン、スタイリング、驚くほど豪華で快適なインテリアと7人乗りの柔軟性を備えた2023年型アウトランダーは、今年11月から米国で発売される。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部