新顔マツダCX-50でも穴埋めできず!? マツダの北米セールス9月はどうだった?

マツダCX-50
マツダの米国部門であるマツダノースアメリカンオペレーションズ(MNAO)は2022年9月の北米販売台数を発表した。前年同月比で-1.1%とやや持ち直しつつあるが、依然好調とは言えない状況だ。それぞれのモデルの販売台数をチェックしてみよう。

9月の総販売台数は、トータルで23,770台。2021年9月と比較して1.1%減少した。1-9月の累計販売台数は215,391台で、前年同期比21.2%減となった。9月の販売日数は25日で、前年同期に比べ、DSR(Daily Selling Rate)ベースで1.1%の減少を記録している。DSRを考慮すれば前年同月と同じと言えるかもしれない。

マツダの北米セールスはなかなか波に乗りきれない。

2021年は販売していて、22年は販売が終わっているモデルは
MAZDA6とCX-3。

反対に21年にはなくて22年に新登場したのが
CX-50だ。
21年9月はMAZDA6とCX-3で1064台を売り上げていた。

22年9月、CX-50は2823台売れた。ということは、約1800台、CX-50効果があったはず。にもかかわらず、全体は-1.1%だった。

前年同月比マイナスは、MAZDA3とCX-5。大黒柱のCX-5の「マイナス21.8%」が効いてしまっている。

ちなみに、MAZDA3の販売台数は車型ごとに発表されている。
MAZDA3 セダン:1179台
MAZDA3 HB:681台

で、やはり北米ではセダンの人気が高い。が、このMAZDA3も前月同期比マイナスになっている。

北米マツダ 2022年9月の販売台数

2022年9月2021年9月前年同月比22年1-9月21年1-9月前年同期比
MAZDA318602595-28.3%1998030619-34.7%
MAZDA60103233514271-97.7%
MX-5 Miata752824-8.7%45719608-52.4%
CX-303205099
CX-3048553581+35.6%3738747474-21.2%
CX-51021613059-21.8%115949137307-15.6%
CX-932642887+13.1%2346928799-18.5%
CX-5028230133760
MX-3003532435825.7%
TOTAL2377024045-1.1%215391273213-21.5%
マツダの大黒柱CX-5

9月のCPO(認定中古車)販売台数は4,134台で、2021年9月と比較して26%の減少となった。

マツダ・カナダ社(MCI)の9月の販売台数は4,896台で、前年同月比12.9%減。累計販売台数は40,011台で、前年同期比23.7%の減少となった。

マツダモトールデメヒコ(MMdM)の9月の販売台数は5,405台で、前年同月比222%増となった。累計販売台数は前年同期比4.9%減の31,344台である。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部